2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
ベビーダンス・さんさん会・有機農法
土曜日よりは暖かく、絶好のお花見日和です。

ちはら台自治快感で市民ネットのイベントで子ども部会企画の「パパとママのためのベビーダンス」を開催。

ベビーダンスは、赤ちゃんを抱っこひもやスリングで抱っこして、音楽に合わせてステップを踏むというダンスです。
身体をリズミカルに動かすことで、育児ストレス解消と産後のダイエットに役立ち、同時にスキンシップを通して赤ちゃんも、お父さん、お母さんも気持ちよく親子の絆を深められるというダンスです。

講師は、一般社団法人日本ベビーダンス協会 インストラクターの石橋園子さん。
お話も笑顔もとってもチャーミング。ご自身がベビーダンス教室に参加してその気持ちよさに触発され、インストラクターの資格までとったそうです。
ベビーダンスインストラクター
先ずは、お話。お父さんとおかあさんお揃いで参加の方がほとんどで嬉しい限りです。
ベビーダンススタート
そして、サンバのリズムでダンス。
サンバのリズムで
うっすら気持ち良く汗をかきました。

その後、「桜さんさん会」のお花見広場へ。
極度の方向オンチで、ようやくたどり着いたのが、すでに1時近い時間になり、
でもなんとか間に合って、焼きそばをいただきました。
ようやく、人心地がつきました。

青く見えるのは養老川です。苗木ですが、しっかり花を付けています。
さんさん会

植樹した桜は40本。まだ6分咲き?
桜さんさん会では、養老川河川に大坪→相川→山田→二まで2キロにわたって市有地に桜を植えています。
(堤防の部分は、県土木部のものなのでそこは植樹できません)

すでに8年間のボランティアさんたちの取り組みです。

そのほかに、光風台では、1km、2万㎡の団地の斜面に2万本の様々な植栽がなされています。
もし、これだけの仕事を行政が行うと、河川の方で1500万円、光風台で1500万円、合わせて約3000万円/年になるそうです。

その作業を、民間NPO団体が、100万円程度で成し遂げて来ているのです。

「おまけに作業を通じてコミュニティができ、高齢者の生きがいにもつながります。」とお話してくださいました。

でも民間団体だけでは出来ない。やはり、行政の助成や、支援があって初めてスムーズに事業が軌道に乗るそうです。

久しぶりの方々とお話し、急いで、県ネットへ。
下山さん
「有機農業の未来」~放射能問題と新規農業~の学習会です。

講師は、われらが下山久信さん。
私は後半の話し合いの部分しか、聞けませんでしたが、
日本の農業の深刻さはよくわかります。

いくつか、印象に残った言葉を列記します。(ほんとにランダムにメモからひろった言葉だけ)

TPPに関しては、これだけ日本の農業が衰退している状況では、これからどうする、という代替案がないと、反対しても実りが少ない。
しかし、TPP推進派が、農産品は輸出に耐えられる農業へ転換すべきだ、と主張しているが、自らの食の問題であって、輸出産業の問題ではない。
推進派は、10年後、ほんとに日本に農業が残っていると思っているのかあやしい。

持続的で力強い農業構造を実現するためには、今後基幹的に農業に従事するひとは90万人必要。毎年、2万人の青年層の新規就農者を確保することが必要。(絵に描いたモチ?)

米に関税700%をかけるのはけしからん、というが、この関税は8000億円国の収入になっている。

新規就農の研修生を受け入れても、農地は3年程度しか貸してくれない。せっかく丹精して土地を肥沃にしても、それで取り上げられたのでは、仕事にならない。

実際に貸してくれるのは、A~Dランクの農地評価でDランクのところしか貸さない。

集落営農という仕組みもあるが、私有財産権がネックになっていて、どうにもならない。

農地法があって、がんじがらめになっている。法改正に誰が手をつけるか?

その他、あれこれ。時間切れです。下村さん、時々来て、ご教示よ願いします。

プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ