2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今度は、現庁舎改築計画?・・???
2月議会を終えて、県議会報告を、市内の団地を中心に配布させていただきました。

その4面に、「市原市役所 庁舎強靭化?また庁舎を建て替える?」という記事を載せさせていただきました。

この話が耳に入ったのは、県議会の最中。
資料だけ読んで、「とんでもない話」だと思い、
取り急ぎ、「議会が終わったら、市の総務課に話を聞きに行く」とだけ伝えました。

今後の市庁舎の在り方については、単に今の建物をどうこうするだけの問題ではなく、
旧ヨーカドー跡地利用、市の行政機能の分散化(合わせて地域の支所機能の拡充との整合性)・・・等々、人口減少、高齢化して車を手放した市民にとっての利便性の向上など、様々な観点から支所の規模も考えるべきです。

事務所では、号外のチラシを多数準備していますが、とりあえず、ここでも一部お示しします。
図が不鮮明ですみません。
現在の10階建ての市役所。その10分の6の機能が、防災新庁舎に移ります。
現庁舎

これは現庁舎、防災新庁舎、市議会棟、消防署、駐車場、などの位置図
庁舎配置図
市役所横の駐車場を潰して防災庁舎を建設中であることがお分かりいただけると思います。

これは建設中の防災庁舎です。
庁舎改築3

1階は、市民相談や住民票の交付などの市民窓口です。
2階は、多くの市民が訪れる福祉関係の部課が入ります。
1,2階に、一日2000人の来庁者のうちの1500人が訪れます。
まずは、いざという時の市民の命と安全を守りたい、という目的は、これで達成されています。

3階は、震災時に家屋の倒壊や、道路の寸断等に備えて、都市整備部や都市計画、水道?などが入ります。

4階は司令塔ともなる市長室、防災危機管理センターが入ります。
隣に消防署があるので連携もスムーズにできます。

というわけで、これでともかく安心。(計画過程があまりに性急・不透明で私は大いに不満だったのですが・・・)

あとは、残った部署も庁舎自身の耐震強度が保たれていると言えないので、
ともかく1階~4階にまで移動する。または、強度の十分な他施設に移ることを検討する、と言う話だと思っていました。

しかし、なんと、なんと強度が足りないのだから、今度は現庁舎を「改築」か、「全面建て替え」をしたい、との話!
ついでに議会棟も、改修か、改築をしたい、というのです。

改築すれば、いくら?建て替えすればいくら?という試案がこれ。
庁舎予算案

A案:本庁舎の上階部分を壊し(17億8千万円)ついでに改修する(34億5千万)(議会棟の改修も含む)
    総額53億3千万円

B案:本庁舎の一部を建て替える(30億9千万円)+議会棟は改修する(14億円)+その場合は現庁舎の解体費用(20億円)。
    それに設計費等で、総額66億3千万円

C案:本庁舎も議会棟も全部建て替える新築費(61億9千万円)+解体費用(25億1千万円)+設計料で
   総額88億9千万円


おまけに、できるだけ一般財源を使わず、地方債(つまり借金)で!

一体どんな理論を持ち出せば、こんな話になるのか・・・アホらしすぎて、話になりません。

ちゃんとした号外チラシはネット事務所にもありますので、お申し出ください。
来週からの駅頭でも、このチラシを配布します。

******

気持ちを切り替えて、今事務所で展示中の伊東朱(あかね)さんの作品です。
お近くに来られた節は、ぜひお立ち寄りください。
IMG_4348[1]







プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。