2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさしぶり!
1五味先生
ブログを長いあいだサボっていた間に、画面が壊れて、さらに更新ができなくなっていました。
ようやく、復活!

昨日は、いちはら市民ネットの総会。
市民会館で粛々と総会を行ない、議事進行。

そして、その後、講演会。
講師は、姉崎で五味クリニックを開業している五味博子先生です。帝京大学病院で勤務しながら、
市原で25年間、終末期、看取りまでを含めた「在宅医療」を強力に推進したきた先生です。
市原の「在宅医療」といえば、医療関係者の誰もが、五味先生の名前をあげる方です。

お忙しい先生にお願いして、私にとっても最大のテーマである「在宅での看取り」を中心にお話していただきました。
「すてきな終活」~がんになっても大丈夫~

会場は、あれよあれよという間に満席。びっしり!の人!
ネット主催の講演会でここまで人が入ったことがあったかしら、という状態です。

先生は、3000人の患者さんを在宅で看取ってきました。
そして、自らの体験から、
人が死ぬときは、食欲が低下し、脱水傾向になり、血液が濃縮して、脳の循環が悪くなり、意識が朦朧としてきて呼吸が浅くなり、低酸素になり、さらに意識が落ちて、脳内モルヒネ物質βエンドルフィンが分泌され、幻覚が見えて、安らかに美しく天に召されることができるということに気づかれたそうです。

かつては、おじいちゃん、おばあちゃんが枯れるように自然に寿命で死んでいく姿を、子供や孫は、見てきたはずなのに、
今は、75%の人が、病院に担ぎ込まれ、点滴やら,蘇生やらをほどこされ、七転八倒の苦しみの中で、最後は、なんとかモルヒネで楽にしてもらって、死ぬのが当たりまえになり、
ますます、「死」が怖いものになっているのではないでしょうか。

今回の代表質問では、「在宅医療」についても取り上げました。

自らの「死」を、どういう形で迎えたいか?
私は、どういうわけか、子供の頃から、自らの「死」について夢想してきました。

そこで、「在宅での看取り」を議会質問のテーマにしたい、と話したら、
「いくらなんでも、「看取り」だけでは変でしょう。」ということで、
包括的に「在宅医療の推進」すべてについて、質問項目とすることにしました。

自分の体験や、参考図書を読み、友人から「家族の死」や、自らの体験などを聞きました。
お医者さんから、また看護師さんから、ヘルパーをしている人からも聞きました。

万感の思いを込めて質問したつもりですが、
あいにく、時間が足りず、物足りない内容となってしまいました。
それでも、とにかく、「在宅医療」の仕組みを、しっかり地域に作っていきたい、という気持ちを伝えました。

また、観点を変えて、今後質問していきます。

とにかく力強い五味先生のお話、ありがとうございました。今も、心が熱くなります。

ブログを長いあいだサボっていた間に、画面が壊れて、さらに更新ができなくなっていました。
ようやく、復活!

昨日は、いちはら市民ネットの総会。
市民会館で粛々と総会を行ない、議事進行。

そして、その後、講演会。
講師は、姉崎で五味クリニックを開業している五味博子先生です。帝京大学病院で勤務しながら、
市原で25年間、終末期、看取りまでを含めた「在宅医療」を強力に推進したきた先生です。
市原の「在宅医療」といえば、医療関係者の誰もが、五味先生の名前をあげる方です。

お忙しい先生にお願いして、私にとっても最大のテーマである「在宅での看取り」を中心にお話していただきました。
「すてきな終活」~がんになっても大丈夫~

会場は、あれよあれよという間に満席。びっしり!の人!
ネット主催の講演会でここまで人が入ったことがあったかしら、という状態です。

先生は、3000人に患者さんを在宅で看取ってきました。
そして、自らの体験から、
人が死ぬときは、食欲が低下し、脱水傾向になり、血液が濃縮して、脳の循環が悪くなり、意識が朦朧としてきて呼吸が浅くなり、低酸素になり、さらに意識が落ちて、脳内モルヒネ物質βエンドルフィンが分泌され、幻覚が見えて、安らかに美しく天に召されることができるということに気づかれたそうです。

かつては、おじいちゃん、おばあちゃんが枯れるように自然に寿命で死んでいく姿を、子供や孫は、見てきたはずなのに、
今は、75%の人が、病院に担ぎ込まれ、点滴やら,蘇生やらをほどこされ、七転八倒の苦しみの中で、最後は、庵とかモルヒネで楽にしてもらって、死ぬのが当たりまえになり、
ますます、「死」が怖いものになっているのではないでしょうか。

さて、出かけなければならなので、ちょっと、中断です。続きは、帰宅後に、また!



プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。