2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
女性センター移転先を見学
12月22日 朝は久しぶりの駅頭(姉ヶ崎駅)で議会速報を配布しました。
どういうわけか、寒くなくて嬉しい。
(しかし、糸魚川が、突然のフェーン現象の大風で大火事になって大変!)

帰宅後、着替えて、稲毛区天台にある青少年女性会館へ。
青少年会館
これは、男女共同参画の図書閲覧コーナー
女性センター図書閲覧

実は、中央児童相談所(1,588㎡)があまりに老朽化して、狭く、どうにもならないので改築、移転を検討していました。
その候補地として、今より3倍の広さのある青少年女性会館(4,675㎡)を候補地として選びました。
青少年女性会館は、広さは十分あるのですが、耐震強度 Is値が0.45しかありません。
全面改築して、中央児相として生まれ変わることになります。

では、これまで会館に入っていたたくさんの青少年に関する団体や男女共同参画センターは、どこへ?

そこで浮かび上がったのが、中央区都町(知事公舎隣接地)にある旧ちばキャリアップセンターです。
今は使用していないので、ボロボロですが、耐震強度はIs値が0.66で満たしており、元学校だったので、躯体はしっかりしているとのこと。
平成29年度(つまり年明け)に改修工事を行ない、そこに男女共同参画センターもこども若者総合相談センターなども移転します。
さらには、県税事務所も入ります。
建物は4階建てです。

どうせ、全面改修するなら、そこを利用することになる団体に、現状の課題や、どんな機能を拡充して欲しいか、どうすれば、県民(特に女性たち)にとって、使い勝手が良くなるか、より多くの方々に活用してもらえるか、など、まずは女性団体に聞いてみればいいと思うのに、全く聞くことなく、今回の計画が進んでいることに、いきどおりを感じています。

まずは、11時から、「女性センターを考える会」の皆さんに対して、男女共同参画課が状況説明を行ない、その後意見交換。
担当者からは、「既存の施設における事務所機能は、移転後も確保されます」との説明にたいして、口々に異論が噴出しました。

そもそも、女性センターは「事務を司るところ」だけではありません。
女性の抱える諸課題をともに考え、学び、改善していくことをめざし、集う場であるはずです。

参加者一同から「要望書」が手渡されました。
要望書手渡し

その後は、千葉駅に集合して、そこからバスに乗り、旧キャリアップセンターへ向かいました。
千葉テレビ前で下車。(乗車時間は約10分)
ほどなく旧キャリアップセンターが見えてきます。
キャリアップセンター
敷地にに入って、エントランス。別に生徒たちの大きな玄関もあります。
キャリアップセンターズーム

今後、全面リニューアルするので、どうなるかはわかりません。
広さは十分あり、フロア毎に、女性センター、若者対応フロア、県税事務所、となると思われます。

エレベーター、トイレの改修(おストメイト対応、車椅子対応、その他乳児対応ができるようなトイレも)
上の階にあがると、明るく開放的な空間。
さて、ここを、どのように改修するのでしょう・・・?
・・・・しつこいけど、なぜ、実施設計前に県民の意見を聞かないのか、どうしても理解できません。

こんなことが積み重なって、森田県政の閉鎖性が際立って行くのですよ、と言いたくなります

設計後に「男女共同参画懇話会」に、ご説明をする、とのことですが、
これも、あべこべでしょ!
きっと、ほかの懇話会の委員さんたちからも、こうした一方的な話の進め方に、大きなブーイングが上がると思います。

******

中央児童相談所の移転、改築計画は、もっと気になります。
中央児相

平成30年に青少年女性会館を利用している団体が移った後に、改築して、その後移転することになるのだそうですが、
こちらも全く話が聞こえてきません・・・・どうなる?

移転しても場所は決して便利にはならない。(アクセスの検討が必要)
(車で行ってもわかりにくく、障害者にとってモノレールは無理、そこから考えねばなりません)

建て替えを機に、千葉県全体の基幹型の施設としての機能も備えなければなりません。
障害・虐待の専門家の声、利用者の声を十分に聞いた上で改築しないと、また中途半端な施設になってしまいます。
設計に至るまでに、十分に手間と時間をかけて欲しい、と切に望みます。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ