2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
英EU離脱&一方市原では残土条例改正暗礁・・・?
23日の国民投票の結果を受けて、新聞、テレビは、大騒ぎの状況となっている。
英国がEU離脱の国民投票で、離脱派が51.89%を獲得し、
とうとうイギリスが離脱の選択をしたからです。

「移民問題と格差の拡大」に苛立った世論が、まさかの結論を選択したことになります。
キャメロン首相は、辞意を表明。
今後、世界経済にどんな影響があるのか、その様々なシナリオが報道されています。
経済に疎い私でも、えらいことになったな、というくらいはわかります。

そして何より、イギリスが欧州統合という理想から、一抜けた、という選択をしたことにショックを受けました。
これでアメリカでトランプが勢いづき、日本で安倍政権が、変にとんがった政策を矢継ぎ早に打ち出すことに歯止めがかからなくなるのでは・・・と懸念します。

理性的に議論をしつくす、という伝統があるはずのイギリスが、この選択をしたのです。
解釈改憲で押し切って、憲法違反なん「て屁の河童」の日本のアベ総理に、どんな理性的な議論ができるというのでしょうか・・・

今回の参院選、ほんとにほんとに大事です。
今、世論調査では、自民優勢の報道が繰り返されています。
日本人は、アイマスクをして、耳栓をして、憲法改正を目論む安倍総理の意図を見ないふりをしているのでしょうか・・・

自民党に大勝ちさせてしまったら、こんどこそ、日本は崖から雪崩落ちるようにおかしくなります。
(昨年の安保関連法が議会を通ってしまった時点で、すでにおかしくなっているのですが)
参院選が終わるまでは、ということで、じっと魔の爪を隠している総理が、勝てばどういう行動に打って出るのか!

皆様、崖っぷちの民主主義を守るために、どうぞ、懸命な判断をしてください。

*******

残土条例改正を求める陳情の傍聴記録は、帰宅後に書きます。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ