2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生涯大学校と夜間高校給食視察
四街道市の市議選が2月21日に告示となります。
わが市民ネットは3期目を目指す大谷順子さん、新人大越とみ子さんの二人を擁立することを決めて、活動中です。

新人は、やるべきことはいっぱいだけど、なかなか手が回らず、大変です。もちろん、選挙は、経験者でも大変です。
そんなわけで、四街道に、お手伝いに行ってきました。(11日、13日)
幸いうららかないいお天気で、気持ちよく、お話したり、いろいろな方にお会いしたり。
大越さんの元気を分けてもらいました。

投票日は2月28日です。四街道にお知り合いの方がおられたら、ご紹介ください。

さて、今日は、東武野田線の江戸川台駅から徒歩7~8分のところにある「生涯大学校」と、柏駅から徒歩5~6分のところにある東葛定時制夜間高校へ行ってきました。

県立生涯大学校は、千葉県が設置した大学校で、55歳以上の人が新しい知識を身につけ、やがて広く地域貢献できるような人材として育ってもらう事をめざす大学校です。(大学と大学校は違います)

上記の目的をめざす「地域活動学部」(2年制)」と
「造形学部(陶芸・園芸)(1年制) があります。

生涯大学校は、行革の対象となって、よく議会でも取り上げられます。
県内各市が、似たような市民大学等を企画するようになっている今、果たして県立の生涯大学校が今後も必要なのか、ということが、もっぱらの議論の対象です。

今日は、まず、地域活動学部の面白い自主講座「漢詩・漢文入門」を見学。(一緒に講義をうけました)

講師は、漢学者の丹治喬山先生(東洋大学の先生だそうです)
話術も巧みで、漢字の面白さ、(白川静の字書の紹介も)、ワクワクする十干十二支の話、
孔子、孟子、三国志の曹操の話、その他・・・漢文って奥が深い!

さて、本論の地域活動部の方々との、意見交換会。

地域の人に理解されていない、PR不足じゃない?
研修テーマが福祉に偏っているんじゃないか?
仲間作りとして有効、地域デビューのきっかけになっている
応募者が減っていることは、もっと宣伝が必要では?
この場をなくしてしまうことは、育ちつつある人材の芽を摘むことになる・・・
結局は、人から人へと伝えることで広がる、・・・などなど。

さて、今日のご意見をどう今後に活かすか、思案のしどころです。
最後は、皆さんと写真。
201602152229336d5.jpg

その後、急いで柏の東葛定時制夜間高校へ。
(リベラルアーツでお世話になった稲門会のK先生が、いらっしゃるかな・・と思ったけど、すれ違いで会えませんでした。)
20160215222942b11.jpg
暗くなる前に、開校準備中の東葛中学の写真を一枚。
20160215222946a91.jpg

まず応接室で校長先生と副校長先生から夜間定時制高校の概略の説明。
定員は1年~3年生は、それぞれ40人×2クラス。4年生のみ3クラス。

しかし、ことし卒業したのは47人でした。
生徒はそれぞれ、何かと厳しい環境に置かれたり、不登校等の体験の後に定時制高校にたどり着いたり、などの条件があるため、とにかく「卒業」を目標に頑張ろうと、生徒には、声をかけるそうです。

その後、授業を見せてもらいました。
3~4年生は進路指導で、今日は学校に来ていない子も多いので、1~2年生クラスの授業を見せてもらいました。

(数学)
久しぶりに√記号の数学の授業で、ちょっとドキドキ。
後ろから、「ハイ!」と思わず手を挙げそうになります。
ルートの授業

別の部屋では、パソコンを使って数学の授業・・・う~ん・・・世界が違う!わからん・・(ToT)

探求世界史の授業、もっと聞きたかった!
(フランスの植民地は、その後それぞれ、どうなったの?(>_<))気になる・・・・。

科学の授業
(NHK「ようこそ先輩」の課外授業みたい!)
・・・先生自身が科学大好き  ということが伝わってきて、こちらも嬉しくなります。
科学の授業

これは「保健」の授業の黒板の板書。
黒板保健の授業の
非正規雇用やさまざまな現代の課題が板書されています。内容の濃い授業を受けているんだな、と感心しました。

そして、当初の目的の給食。18時から。
広い食堂に、ストーブが4台。(とにかく寒かったんです!)

近くのセブンイレブンから、弁当、唐揚げ、イモモチ、サンドイッチ、サラダ、グラタン、ケーキなどのお菓子などが、運び込まれます。(最近、品数が増えきたそうです)

電子レンジが3台設置されて温めることはできます。
寒いこともあって、ほとんどの生徒は、買ったり温めたりしたあとは、教室へ戻って食べます。
夜間給食
セブンイレブン弁当

教室では、談笑しながら食べたり、リラックスしたり・・・。
でも、中には食べていない子もいて、気になります。・・・・とても気になります。
家に買ってきたら、さらに気になってきました。

生活の基本は「食」にあります。
ちゃんと食べ、仲間や家族とちゃんと談笑し、ちゃんと寝ることが基本です。
だから、やはり、夜間高校の給食はしっかり復活させねばならない、と思います。

ホントは、すべての子どもの給食費の無償化を目指したいのです。
安倍総理も、こども最優先を謳うのなら、「すべての子どもの給食をタダにします」くらいのことを言ってくれればいいのに、
と、つくづく思います。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。