2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自治体議員立憲ネットワーク総会
ブログをサボって随分経ってしまった。
取り敢えず、おとついと昨日の報告です。

土曜日(19日)は、午前中は、原稿を書いたり、買い物をしたり、
(久しぶりにペンやらスケッチブックやらの文具を買ってちょっと満足)
午後、やけに寒いな、と思いながら千葉へ
自治体議員立憲ネットワークの仲間と、クリスタルドーム前で、安保関連法廃止を求めて、リレートーク。
あまり受け取る人はないけど、
チラシは、大野ひろみさんの力作!
読みやすいよ、わかりやすいよ!ぜひお手にとって読んでみて!
そして、来年、参議院選挙には必ず行って、今の変な流れを食い止めようね、とアピール!

さて、翌日は20日(日)
朝、8時に家を出て、東京四谷の主婦会館へ。
自治体議員立憲ネットワークの総会とシンポジウムがあったからです。
午前中は、総会。
大野ひろみさんが、事務局として縦横無尽の活動をしています。(午前中は司会)

今、自治体議連は、総勢759人。

民主、社民、市民ネット(生活者ネット)、緑の党、新社会、無所属、他、元議員、候補予定者、市民サポーターがいます。
地方議員を1000人に増やしたい!
立憲主義に基づいた政治を取り戻したい、と思っている地方議員でまだ参加していない議員は、どうぞ名乗り出てください。
ホームページからでも加入できます。
もちろん、私にでも、だれにでも、既に会員になっている人になら誰に申し出てくださってもOKです。

右傾化するこの国の姿に、危機感を抱いている人ならだれでもOKです。

午前中の総会で特に感動したのは、来賓として前に座った沖縄県議会議員の仲村未央さん!
201512212353070d3.jpg

熱くわかりやすく沖縄の今を語ってくださいました。
先日のテレビで、岡本行夫さんが、オナガさんは少し冷静になって欲しい、と言っていましたが、翁長さんは冷静です。今の裁判だってけっして翁長さん自身が仕掛けたものではありません。・・
今の政府は、沖縄を弾圧の対象としか見ていません!
沖縄の民意は既に各選挙で出尽くしている。それに対して、国会は全くドンカンに安倍さんに追随しているだけ!
国会がしっかり機能していれば、沖縄は今のような裁判に巻き込まれていない。
・・・等々。惚れ込んじゃいます。

沖縄は、今回一気に72人の議員が立憲ネットワークに参加してくださいました。心強いです。

お昼をはさんで、午後はシンポジウム。

お馴染みの伊藤真さん(弁護士・伊藤塾塾長)、
地方自治は民主主義の学校とよく言われるが、実は、民主主義の実践の場である。
日本中に自由を!立板に水の雄弁は、いつも変わらず。


小林節さん(慶應義塾大学名誉教授)
山中光茂元松坂市長の大先生であるやんちゃな立憲主義憲法学者。
20151221234726a81.jpg

次の参議院選挙は、選挙に勝ってアベさんをやめさせる、につきるでしょ。
権力者に憲法を守る生活習慣をつけさせることですよ。
あの政党がどうだとか、この政党の主張は、ちょっととか、言ってないで
とにかく
「安倍さんよりいいだろう!」で、いいじゃないですか。


シールズの諏訪原健さんは、
20151221234737197.jpg
なぜこの選挙が大切なのか、
内輪でない人にどう働きかけていくか、
対抗軸をどう作るか、
市民との協働をどうつくるか、・・ですよね。
 

若いのに冷静で、恐れ入ります。

山口二郎さん(法政大学教授)も、しっかり発言。
20151221234734b27.jpg

さまざまな政党の間に橋をかけてくださいました。

たくさんの人が詰めかけて、熱気ムンムン。
途中で、冷房のスイッチを入れたそうです。
最後に、役員の皆さんが、前列に並んでくださいました。
201512212353119c5.jpg
市民連合のかたちをどう作っていくのか、それが、鍵になりそうです。

その後、とんぼ返りで、市原へ。



プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。