2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防災訓練の日
本日は朝から防災訓練。市原市の中央会場は、牛久小学校ということで出かけました。

紀伊半島は今、時速10キロしか進まない台風で、1000ミリを超える記録的な雨量となって、地滑りや河川の氾濫、行方不明者や、死者、また、多くの方々が、避難をしたりなど、大変な状況となっているけど、千葉は、申し訳ないほど、風も雨も思ったより小さい。
蒸し暑さはともかく、千葉は、本日は、晴れている。

中央会場だから、いろいろな仕掛けがあるので、見ごたえもあります。その中から、いくつかを写真で紹介します。
まずは、この写真。旗と人の間からのぞく。
水害防止1
浸水被害が始まると、みんな矢継ぎ早に防災課に電話してくる。しかし、間似合わないときは、まずは自ら応急手当。それが、この仕掛け。ビニールシートでカバーし、そのカバーの重しとして、ゴミ袋に水を入れ段ボールに入れる。段ボールがない時は、直接ビニール袋を並べてもいいが、その時は、袋の間に新聞紙を挟むといいのだそうだ。新聞紙が水を吸収してふくらみ、間をふさいでくれるのだという。いいことを聞きました。
水害防止
ついで、倒壊家屋です。毎年思うけど、この倒壊家屋、結構収納しておくのに場所をとるけど、訓練が終わったら、解体してしまっておくのかしらね。
1倒壊家屋
その倒壊家屋の下敷きになった人をジャッキで救い出す。でもこの被災者役の人形は、もう手遅れみたいに心臓あたりに梁が乗っているんだけど・・・。
倒壊家屋人形
次は。救助犬が活躍する救助風景を貼り付けた車の写真です。その車の写真を見ていたら、なんと、本人ならぬ本犬が、元気にあたりを走り回っていたので、凛々しい写真も一枚。
救助犬写真くるま
1救助犬
ボーイスカウトの方々は、非常時に応急的にランプを作成。おいしくビールを飲んだそのあとは、こうして、ランプに。その他、ビール缶でつくる湯沸しポットもありました。
非常ランプ
最後は、恒例の地震体験車。写真からは声が聞こえませんが、子供たちが、キャーキャー言っています。
地震体験
バケツリレーならぬポリ袋リレー、応急処置の仕方、いつもの防煙訓練とか、とにかく、体験しておくのはいいことです。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。