2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステップアップの会
本日、午後、市原市民会館2階で、「ステップアップの会」を開催しました。

まずは、宮子あずささんによる講演会
2014110222202067d.jpg

精神科病院の訪問看護室で勤務しておられる宮子さん。
看護師歴28年のの現場ならではの本音トークが抜群です。

緩和ケア病棟勤務の時のお話も、身にしみます。
厳しい精神科病棟での勤務は、外部に開かれていること(人目があること)が大事、というお話は、
千葉県の袖ヶ浦福祉センターでの虐待死事件を思って、
真摯に受け止め聞きいりました。

宮子さんが今回の市原市議会議員候補かと勘違いしたある方からの質問に対して、
宮子さんのお答えが印象的でした。

「もしも、自分が国会議員だったら・・」
「日本の会社の長時間労働の実態をなんとかしたいですね。
長時間労働が当たり前になりすぎている日本の働き方を変えない限り、
障害者も働けないし、
安倍総理が唱える「女性が輝く・・・」という言葉も虚しい。」

また、
「仕事を通じて自治体の人と関わると、みんなほんとに一生懸命働いていることがわかる。
生活保護受給者への支援をしている人も、児童相談所でぎりぎり頑張っている人も、ほんとに、大変です」

「医療。福祉・教育」は経済原理が働かない職場。
うまくいって当たり前、何かあれば責められる・・・」たしかにそうですね。

「いわゆる「孤独死」の問題だって、その是非は再検討すべき。
重症患者をどんどん家庭に帰して、しかも、死のその瞬間に立ち会わなかったからといって、
責めるのは筋違い。
そんな「孤独死防止」は、おかしいんじゃない?
「良い死、悪い死」は人が決めるものじゃない。」

現場に関わり続ける人だからこそ、言える本音トークです。

医療と、地域と、福祉と、考えることはいっぱいです。

そして、第2部が、ステップアップの会。

県議候補予定者、山本友子(3期目)
市議会議員候補予定者 小澤みか(2期目)
同じく  森山かおる(新人)

それぞれ、挨拶させていただきましたが、
堂々たる小澤さんのお話と、
新人ばなれした森山さんのお話に、感動しちゃいました。

頼もしい後輩に負けないように、私も頑張ります!

駆けつけてくださった皆様、あったかいほんわかした励まし、ほんとにありがとうございました。

写真は、「元気のなる木」にびっしり貼り付けられた参加者の皆様の激励のことば。
色とりどりのりんごに書かれています。
みなさんの言葉の数々に、気持ちが引き締まります。
20141102222057f1b.jpg

代表の桑田さんも一緒に写真を撮りました。
2014110222211367e.jpg

想いを語り、人をつなぎ、少しでも、市政、県政が良くなるように、あとひと踏ん張り、がんばります。
ご支援よろしくお願いします。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。