2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キリスト者の戦争責任と平和を願う朗読
8月2日の午後便で帰りました。
里帰りでリフレッシュしたので元気です。今日は、日曜礼拝。

本日は8月の第1週で「平和主日」礼拝です。
冒頭、「第二次対戦下における日本キリスト教団の責任についての告白」を全員で朗読しました。

戦時中、キリスト教団は、本当に情けないほど、軍当局に迎合し、戦争に積極的に加担しました。
そのことをしっかり告白している姿勢は、ひとまず「良し」としますが、
きな臭い気配が濃厚となっている今のご時世、
今度こそ、逃げずに平和を作る活動を実践している人達と力を合わせて欲しい、と願わずにはいられません。
今、この時間にも、世界各地で、罪もない民間人を巻きこんで、民間機が撃墜されたり、無益な戦闘で、幼い命が失われています。

そして、こうした世界の状況のなかで、我が日本は「ええカッコしたい」という為政者の思惑で、「戦争のできる国」めざして走り出しています。

私は、戦争前の空気を知りませんが、当時を知っている人は、当時とあまりに空気が似ている、と口を揃えます。
だからこそ、選挙権のある私たち大人の世代は、次世代に責任をもって平和な日本を引き継がなければならない、この一点につきます。

午後、引き続き、「平和を願う朗読の会」が開かれました。
弁士は,金子達さん。プロダクション・タンク所属の俳優,声優さんです。
今日は、広島で被曝されて以来,被爆者医療に尽力されている肥田舜太郎さんの本を朗読してくださいました。
2014080322214100d.jpg
熱弁を振るう金子さん。
20140803222145016.jpg
さすがに声優さんだから、マイクなしでも朗々と声がとおります。
原爆投下の直後の物語、そして福島原発の被曝について、わかりやすく聞くことができました。

ホントにお腹の底から原発を止めたい、戦争を止めたい、と思えば、出来ることは自ずと見えてくる、と金子さんは話されました。

******

蛇足ですが、今度事務所のアートギャラリーで私の個展(?)をすることになっています。
今日かきあげた絵をアップします。
出来栄えは・・・・なんとも言えませんが、見てください。かなり大きい絵です。(54cm×38cm)
20140803222958487.jpg
もう一枚(これも同じ大きさ)
20140804070751ab8.jpg
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。