2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
解釈改憲&県議会のドタバタ
7月1日の、安倍総理の解釈改憲、集団的自衛権の行使容認閣議決定のあとも、国会官邸前での抗議行動は続いている。

じっとしていられないのは、大方の国民の気持ちだと思う。
胸のうちに、黒雲がじわじわ広がって、落ち着かない。

わがいちはら市民ネットワークは、
7月2日、運営委員会の後、
午後国分寺台と八幡宿のスーパー前で、マイクで話しながら、
署名活動と、集団的自衛権行使に賛成か反対かを問うシール投票を行った。

写真は、手に入ったら後で貼り付けます。
買い物中の皆さんにお配りしたのは、市民ネットが急遽作成した声明文を、じゃっかん短縮したチラシです。

選挙権を持たない世代、次に生まれてくる世代が、今の政治の被害者になることは阻止しなければならない。

説得力を持たない原発の再稼働の問題も、
立憲主義を無視した解釈改憲で戦争のできる国をめざすことも、根っこは同じ。
次の世代に対して無責任であることは許されない。

******

一方、今、全国の県議会の不祥事が、次々マスコミを賑わしている。
このタイミング!
(集団的自衛権から目をそらさせる目的かよ、と言いたくなる)
兵庫県西宮選出の野々村龍太郎県議が、政務調査と称して日帰り調査に、なんと195回、計300万円を政務調査費で支出していたことが、判明。
11年度、12年度も同様の交通費に計480万円を支出していたとのこと。
ありえない話しで開いた口もふさがらないのだが、その記者会見が、あまりに凄すぎて、格好のマスコミの餌食となっている。

私も、ラジオでこのニュースが流れて聞いた時には、てっきり「お笑い」ネタだと思った。

我が千葉県議会では、政務調査費でこんなでたらめな政務調査費の使途は許されない仕組みとなっている。
出張で政務調査をすれば、その報告もしっかり出すし、買った本のタイトルも明記する。
可能な限り領収書を添付することは、基本中の基本となっている。

インチキをしても、領収書のバーコードから、ホントに該当する本かどうかチェクする、厳しいオンブズマンの存在もある。
ありがたいことです。

しかし、4月2日、環境生活警察常任委員会の副委員長である習志野選出の村上純丈(じゅんじょう)県議hが、その常任委員会の終わった後、飲酒運転で逮捕されたというニュースが出て、驚きました。

環境警察常任委員会は、私にとっても、縁の深い常任委員会なので、欠かさず傍聴している。
2日も、同氏は、副委員長として、委員会の司会をしておられた。

村上氏は、常任委員会が終わった後、同僚と飲食し、その後、代行を頼まず、自ら車を運転したとのこと。

まさか、との思いだが、飲酒運転はもってのほか。公務員、議員ならなおさらである。
逮捕、送検され、釈放された村上県議は、議会に対して、辞職願を出した。

もう一つは、県議会定数検討会。
各会派で、それぞれ1票の格差是正、飛び地解消をめざし、それぞれの案を提出することになっていた。
まっさきに提出したのは、公明党。現行95人のところ、81人に削減する案を出した。
(詳細な検討経過、結果も付記されている)

我が会派(市民ネット・社民・無所属)も、何度も集まって選挙区の人口、1票の格差、飛び地解消に向けて協議を重ね、提出。
議員定数は95人 → 91人
飛び地は解消。選挙区は、現行の46→39とする案
を提出した。

民主党は、公明党に遅れをとってはならじと、定数を79人という案を提示。
共産党は、現行どおりの95人
「みんなの党」は79人>、「県民の声」は77人、という案。

さて、自民党です。
17日の会議間でのまとまらず、結局、A案、B案が示されました。
A案は、現行定数95人のまま。ただし、飛び地は解消。
B案は、なんと定数を98人に増やします。さらに飛び地もそのまま。

どうするの?
千葉県議会は、結局最大会派の自民党さんの思惑通りにことが進む県議会です。
7月2日の定数検討委員会では、自民党は案を一本化してくるはずでしたが、それが、できず(°д°)

もしかして、来年の統一地方選挙は、このままの定数、このままの選挙区割りでいくの?という状況です。
鳴り物入りの定数検討委員会・・・今後、どうなる!

こうした県議会の状況も、県民はしっかり注視してほしい。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ