2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
アート×ミックス2
午前中、アートミックスを見学に行ってきました。

これまでに出かけた人の中で、評判の良かった内田小未来学校へ。
内田小学校は廃校で、閉門していました。あれ?
旧内田小

あら、ここじゃなかった。
地元の皆さんが、旧内田小学校を保存して伝えようとしてこられた木造校舎の方へ。
内田未来学校
駐車場が、タダ!で、びっくり!
内田未来学校2

地元の方々が、たくさんボランテイアで案内などに参加しておられました。

展示も見事です。
滝沢潔さんの手による内田のためのインスタレーション。

カラフルな壁面は一面ワイヤー製のハンガーで埋め尽くされ、静かな闇の中に立つと、わらで編んだような風合いとなっています。

ランプシェードは古着のTシャツ。
幻想的で、懐かしい空間です。
Tシャツのランプ

こちらは、別の部屋。
人が使った様々な家具や品物は、古くなると生命を持ち「つくも神」となると言われていました。そんな「百鬼夜行」(ひゃっきやぎょう)の中の、つくも神から「想」を得て生まれた作品展。

これは、おしゃもじとご飯の愛嬌のある「つくも神」がちょこんといる、かまどの風景
よ~く見ると、ちっちゃい神様が見えます。
かまどの神様

人気作家、畠中恵「しゃばけ」シリーズにも、愛らしいつくも神が登場します。

楽しんだあとは、裏手に回って一服。竹とんぼが、草わらのなかで、小さな花のように咲いています。
竹とんぼの草

お茶のカフェで一休み。
コーヒーとプリンケーキがセットで350円!おいしい!
ご近所の差し入れの「ふかし芋」もおいしい!嬉しい!

様々な展示や販売もあり、リラックスできて、大満足。

壁に貼ってあった「報徳会」の報告。地元の心意気が伝わってきます。
内田お店
今日採取したばかりの「ふき」を一束買いました。

この後、ぞうの国近くの「やもかのなかま」ファームで、栗田宏武さんのチェンソーアートの作品を拝見しました。
山小川を略して、地元では、「やもか」というのだそうです。
やもかのなかま2

「やもかのなかま」は、単なる貸し農園でなく、都会の人が、ゆっくり「やもか」の暮らしを体験する体験型の農園です。
あらかじめ決められた作物の作付と収穫を利用者が行い、その間の管理は、農園のスタッフが代わりにおこなうこともできる農園だということです。

奥の林の空間に、実際の立木から削り出した、栗田さんの圧巻の作品群があります。
5やモカの仲間
荒々しいトーテムポールのような彫像群。

この日は、作品誕生に立ち会ったわけではありませんが、いつも驚かされます。
以前拝見した栗田さんのチェーンソーの技術は、木の中に眠っている魂を、神業のように、すばやく産み出していきます。

ご覧下さい。像のこのくっきり締まった足首!かっこいい!
やもかのなかま足首

この鎖。どうして、掘り出したんでしょう?
やモカの仲間鎖

畑をあらす「有害鳥獣」と言われるイノシシさんも、こんなにラブリー(*´`)
いのしいやもかのなかま

園に入る時、大きなクモ、リアルなムカデ、びっくりヘビ、スズメバチ「あなたはいくつさがせますか?」と書かれたペーパーをいただきました。

3つは見つけられましたが、ネタバレになるので、ここでは、書きません。

でも、スズメバチだけ、見つけられませんでした。
う~ん 残念。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ