2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄3日目
3日目はいよいよ辺野古をめざします。

辺野古の汀間(ていま)漁港に到着。
船に乗り込みました。波はすこぶる穏やかで長島という島をめざします。島へ向かう


キャンプシュワブが見渡せる長島という灯台があった島に上陸。
サンゴが生息する海の底は、信じられない透明度が高く、きれいです。
1綺麗な海

長島へあがって、島からキャンプシュワブを望みました。
島の灯台から軍をのぞむ

ズームにすると、立派な病院、職員宿舎、ホテル、映画館、ゴルフ場、ボーリング場、なんだって、日本の「思いやり予算」で米兵用に建てられている光景が見えます。
使われたのは日本の税金ですが、日本人は入れません。
島から軍を望むアップ

キャンプシュワブ辺野古は、第4海兵連隊。ここでは、通常、実弾射撃訓練や水陸両用訓練車の上陸訓練を実施しています。

この前の海を埋めて、沿岸部にV字型の2本の滑走路をつくるのが、今回示されている計画です。
コバルトブルーの海に、オスプレイ配備を前提とした規模で埋め立てる計画です。

いきなり深くなっている沿岸部は、底から船が飛び立てるような巨大船が横づけできる軍港をつくることになりそうです。

この日も、ちょうど水陸両用訓練車が、ちょうど全力で会場を走り、やがて、ゆっくりとそのまま浜から陸上へ上がって行く光景を目にしました。

SF映画を見ているようです。

この日、ボートを出し、島に上陸し、説明してくださったのは、名護市議会議員の東恩納琢磨さんです。
真っ黒に日焼けして、優しそうなお顔ですが、闘志が伝わってきます。
島の案内

その後再び、海上へ出て、近くの小さな島を、一巡りしました。
とにかくコバルトブルーの海の美しさに、一同歓声。
辺野古海の色

浜でテントを設営し、座り込みをしている皆さんのところへ向かい、テント近くに上陸。

以前伺った時には、海上に調査のためのやぐらが組まれており、スエットスーツに身を包んだ人たちが、海上で抗議行動を行っていました。

いま、その場所には、突堤ができていました(;_;)

テント前には、海上基地建設阻止、座り込み開始から3656日、という文字。

交替での座り込みは今も続いています。というか、今が再び正念場です。
辺野古テント日数

説明してくださったのは、「へり基地反対協議会」の安次富さん。
巨大軍港が辺野古に

いかに沖縄の基地が、沖縄経済の振興を妨げているか、の説明を熱く語ってくださいました。
手書きの文字がわかりやすい。
1テント
1テント雇用
テント名護市だいじょうぶ
テント4

こんな可愛い看板。「海にも陸にも基地はいらない」
「ニモ」に引っかけた絵です。
海にも陸にも

*:*****

途中で、昼食。ラーメンを、かっこみ、午後は、琉球大学へ。
琉球大学外観

島袋純先生から、「沖縄の歴史と今」「辺野古新基地建設の是非」について、レクチャー。

*******

3時には、大学を辞し、普天間基地が一望できる「嘉数(かかず)の丘」へ。
展望台は地球を模して作られています。
DSCN5266.jpg

ここから見た普天間基地はたしかに、周辺にぎっしり住宅が張り付いていました。

ドイツでもイタリアでも、米軍基地があるところは、住宅街から遠く離れているのだそうです。
アメリカはもちろん砂漠の真ん中とか、人気のないところに基地はあります。

沖縄では、米軍基地の周辺に住宅ができたのでなく、
住民を追い出して米軍基地ができ、住民が戦争中避難していて、帰ってみたらそこに米軍基地があった、
そこで仕方なく人々は、周辺に住み始めたのだそうです。

学校も、病院も、様々な施設も、住宅も、びっしりと建っています。

そんな現実をもっと知ってほしい、と沖縄の人は訴えます。

展望台の近くにあるトーチカ。
1トーチカ
一人が中へ入って、反対側から銃口をだして、米兵を迎え撃ったという穴です。

その反対側から見た穴の様子。
トーチカ2
鉄砲を打ち込まれた銃痕がびっしり!

今は、戦争を知らない幼い子どもたちが、格好の、かくれんぼの場所にしていました。

*******

その後は、基地返還跡地利用の実際を視察。

沖縄国際大学ヘリ墜落跡地、北谷(ちゃたん)「ハンピータウン」、那覇「新都心」などを、車中から見学しながら、ホテルへ。

おもいっきり、疲れて・・・(´;ω;`) 一同、声もなく、こんな顔(´・_・`)

でもちょっとの時間ができたので、国際通りで、お土産を買いました。

最終日のことは、また、明日。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。