2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北を忘れない
昨日は、3・11の東北大震災から3年目です。

千葉そごう地下通路では、今、東北支援のボランティアの方々による展示が行われています。

これは釜石の漁協の富来旗(ふらいき)です。大漁を願って掲げられます。釜石漁協からお借りしてきたそうです。
忘れないよ1

ずらっと写真が展示されています。
忘れないよ2

主催は、「カリタスジャパン」。
仙台教区サポートセンターを中心として釜石やいわきで活動しています。

3年目を迎え、女性の抱える課題に向き合い、また子どもたちの成長を支える活動に力を注いでいるそうです。

私の友人Kさんも、釜石に通って、お針仕事や、その他の活動をしながら交流の時を持っています。
その名も「お茶っこ」傾聴。

素晴らしいパッチワークの作品。友人は、教えてもらいながら作ったそうです。
忘れないよパッチワーク

タペストリーを作った鵜住居(うずい)町、田郷のAB仮設住宅の中の集会室入口
2仕事べや

和気あいあいとした作業の様子
DSCN4809.jpg
代表の伊瀬さん
DSCN4814.jpg
当初から精力的にリードしてきた宇根さん(写真下の人)
DSCN4815.jpg

2012年3・11に釜石駅前で追悼キャンドルの夕べがあり、そこで撮った写真だそうです。
忘れないよ3
キャンドルには、「たかひろへ」・・・ありさより、と書かれています。
息子と同じ名前なので、よけい心に刺さります。

津波被害にあった大川小学校の記念碑の一部
DSCN4804.jpg

建物自体は被害が少なかったはずの飯館町役場とその周辺の写真もありました。

そごう展示前でKさんとそのお友達で写真におさまってもらいました。(つまりは、私のお友達)
DSCN4803.jpg
私も一枚とってもらいました。
パッチワークと私

期間は、3月11日~17日まで(1週間)
ぜひ多くの方の足を運んでもらいたいです。

午後は、県庁でも、黙とうの時間がありました。
おそらく全国どこでも、この時間は、黙とうがささげられていたと思います。

一日も早く、東北に、本気の、心と生活の復興を願わずにはいられません。

プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。