2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
電力自由化のはなし
この夏は節電騒ぎで、頑張らねば「計画停電」になるぞ、と脅されて、サマータイムやら、夏季休暇を社員で時差でとる、という話題やら、いかにクーラーを使わず涼しく夏を乗り切るかという話やら、このままでは、企業が海外へ逃げるという話やらで、連日新聞・テレビのトピックスとして取り上げられている。

先日来の藤代さんの聞き取り、委員会で取り上げたことが、きっかけで面白いことがわかった。

なんと、千葉県庁も電力自由化ですでに東電以外から電力を買っていたことが判明。

入札で
平成21年度  F-Power(株)と契約して、東電から買うより1031万円 7.29%の節減額
平成22年度  イーレックス(株)と契約して 、同じく東電から買うより 812万円 5.83%の節減額
平成23年度  JX日鉱日石エネルギー(株)と契約  1852万円  11.39%の節減額

毎年、使用する電力はほぼ同じで、落札額もほぼ同じ(A)だが、東電の単価試算(B)が毎年変わるので、
(B)-(A)で削減額が変わる、削減%も変わるというのが実態のようだ。

では、市原はどうなっているのか?改めて聞いてみたい。

関連して、臨海部の主要企業による電力供給能力についても聞いてみた。
新聞報道等で公表されているのは、
JFEスチール(株)東日本製鉄所  45万kW(自家発)+ 39万KW(東電に売却)=84万KW
新日本製鉄(株)君津製鉄所  19万KW(自家発)+ 100万KW(東電:新日鉄に50%ずつ)=119万KW
三井化学(株)市原工場  19万KW(自家発)
住友化学(株)千葉工場  14万KW(自家発)

全国では、自家発電供給量は、5406万KW(3249事業所)、そのうち関東では、1639万KW(875事業所)だという。
では千葉県の供給量は?事業所数は?と重ねて尋ねたのだが、それは公表されていないとのこと。
経済産業省・資源エネルギー庁がデータを公表しないのだそうだ。

名だたる京葉コンビナート工業地帯。まだ、自家発電、また少しは外部に供給できる電力もあるのでは、と想像が膨らむ。
少なくても千葉県としては、主体的に、各企業の自家発電能力(あるいは、供給可能電力)くらいは押さえておくべきだろうと思う。

関連して、我が国の電気事業者の一覧も見せてもらう(ホームページから検索できる)
この表をつくづく眺めると、発・送電分離が大切だ、という話がよくわかる。
ふ~ん、そうなんだ。やっぱり、電力は原発を止めても、なんとか供給できそうなんだ。
原発止めれば、すぐに「計画停電」なんてのは、やっぱり脅しなんだ、としみじみ実感。

管総理が「埋蔵電力の洗い出しをしろ」と指示を出したら、その結果、大した埋蔵電力はなかった、ということで、各紙が、鬼の首でも取ったかのように、今朝の新聞では、一斉に管総理の見識の甘さを叩いている。

何だか、うさん臭いな~、ここは一番、管さん、がんばれ!

それにしても、新潟、福島の大洪水の被害の深刻さは、目を覆うばかりである。
最近の自然の猛威は、だんだん苛烈さを増している。
なんでまた、福島なの?

今夜は、茨木、栃木、伊豆のあたりも大雨被害が甚大になりそうだ。

最後に、以下のユーチューブ(YouTube)を見てほしい。
こういう本物の有識者がいることに励まされる。
NHKをはじめ、民間テレビも新聞も報道しないけど、胸を打つお話です。 

7月27日(水)衆議院厚生労働委員会で行なわれた、
児玉龍彦氏
(東京大学先端科学技術研究センター教授・東京大学アイソトープ総合センター長)
「放射線の健康への影響」という参考人説明と質疑です。
 http://www.youtube.com/watch?v=eubj2tmb86M

プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ