2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
炉心溶融 いつの動画?
一日、県ネットで、運営委員会、その後、福祉部会の打ち合わせ。

どこでも放射能汚染から子どもをどうして守るか、が話題になる。

ネットの今後の活動も、確実に、子どもにシフトすると思う。

帰宅後、メールチェックをしていたら、こんなニュースにぶち当たった。

え?これ、いつの映像?今回の原発事故は、「想定外」って言ってなかったけ?
なんでこんなシュミレーションの映像があるの?いつ作ったの?
狐につままれたような話。

情けないことに、驚くほど、鳥肌が立つほど、わかりやすい。

こんなシュミレーションCGを作っておきながら、知らんぷりして、「想定外」を繰り返していたのかと思うとほんとに悔しい。

映像は、日経BPが運営するECO JAPANが、独立行政法人・原子力安全基盤機構が事故前に、原子力防災専門官向け資料として作成していた、炉心溶融のシミュレーション画像である。

電源喪失や冷却機能喪失により原子炉内部で何が起こるのか、炉心溶融のプロセスが見事にCGで再現されている。

 CGは、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が基本設計をしたマークI型の沸騰水型原子炉(BWR)で、炉心が冷却不全に陥って生じるシビアアクシデント(過酷事故)を画像化している。まるで、今回の事故を予知していたかのような映像。
 
 先ずは見てほしい。 
   http://www.youtube.com/watch?v=wwYk62WpV_s (4分59秒)
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ