2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日常に潜む有害物質から身を守る
10月1日、
ホントは今朝、駅頭で県ネット通信を配布する予定でしたが、雨で中止。
もう一度布団に潜り込みました。

午前中 、船橋駅前のフェイスビルで
「日常にひそむ有害物質から身を守るには」と題する学習会が開かれました。
企画したのは、「生活環境を健康にする会」です。

これは、以前「有害化学物質から子どもの健康を守る千葉県ネットワーク」の冊子の表紙に描いた絵です。
化学物質

本日の講師は、北里大学で長年化学物質過敏症の患者さんたちの相談に乗り、治療に当たり、研究をしてこられた宮田幹雄先生です。

広い会場が大入り満員。

講演のほんの一部を紹介します。

現代の私たちを取り巻く環境は、複合汚染状態です。

1)物理的環境汚染(電磁波、光、振動・・)
2)化学的環境汚染(中毒・微量化学物質・ナノ粒子)
3)精神的環境汚染(生活リズムの乱れ、人間関係の乱れ)

冒頭、興味深かったのは、中毒と化学物質過敏症などの違いの説明でした。

化学物質を一定以上、大量に摂取すると「中毒」になります。それは、細胞の器質的障害であり、 
死に至ることもあります。(外因的要素を取り除けば症状は治まります)

しかし、化学物質過敏症は明らかに「中毒」とは異なります。

アレルギー、化学物質過敏症、環境ホルモン作用の症状は、微量化学物質を浴び続けた時に現れ。
その症状は、浴びる量がそこそこで、体力があり体調のいい場合、激しく現れます。
(個人差あり)
しかし、一定限度を超えて浴び続け、体力も落ちてくると、急性期の激しい症状は出なくなります。
(そのほうが、もっと怖い!)

ヒトが合成した化学物質は今や8千万以上。
一々有害かどうかチェックできる限度をはるかに超えています。

汚染化学物質経路は外気からが、約83%です。
のこり17%の汚染物質は、食べ物や飲み物から摂取されますが、肝臓でかなり濾過できます。

しかし、大気中の有害物質は、直接、肺に入り、体内に取り込まれるので、始末に負えません。

アメリカでは、化学物質過敏症の患者の異常は以下のような場合と認識されています。

すなわち、眼球運動障害、平衡機能障害、自律神経失調、視覚感度の低下(視力でなく、視神経の乱れ?)
息の吐き出しが下手、調節障害、心電図での脈拍の異常・・・。

(日本ならば、こんな症状を訴えても、精神科に回されたり、原因不明でたらいまわしになりそう:山本個人的感想)

日本で、治療の必要な患者は、70万人以上いると思われています。

では、大気に排出される化学物質は、どこにあるのか?実は、あらゆるところに充満しています。

住宅(特に新築)、家具、家庭電気製品、住宅内化学薬品(殺虫剤、芳香剤、消臭剤、柔軟剤)
ワックス、防炎材(燃えにくいカーテン)、自動車、カーワックス、内装材、職場(オフィス、プリンター、コピー機、病院、美容院、学校、・・・)

特に学校では、換気がなされないので、室温が高くなると、一気に放出されるガスの量が増え、敏感な人は具合が悪くなります。
学校へ行くと具合が悪くなるので、そのことが原因で、不登校になることもあります。

衣類、化粧品、トイレット用品、文房具、印刷物、医薬品容器・・・もちろん食品添加物・・・キリがない。

さらにそこに、電磁波の問題が重なってきます。

今、苦しんでいる人に、もはやここで暮らすことをやめろと、言っているようなものですが、

もちろん先生は、そんな残酷なことは言いません。

何とか症状を軽減したり、予防するには、ビタミンCが有効である、と救いの言葉を最後にくださいました。
ビタミンCならなんでもOKだそうだ。

ビタミンCを食品から取るなら、「芋」!じゃがいも、さつまいも、どっちもOK。
(ただし食べ過ぎて太らないように!とのアドバイスも)

早速、ビタミンC(粉末)を買ってこなければ。

最後に本日の企画をした面々と先生の写真です。
化学物質2

宮田先生のお話は、一方的に、あれもダメ、これもダメ、と糾弾するのでなく、活路を含めての説明であり、気持ちが暖かくなりました。ありがとうございました。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。