2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆったりお盆休み

14日以降、珍しくゆったりお盆休みをしました。
(ヒヤリングや、イベント参加、ネット関係のあれこれの用事もちょっぴりはしました)

日曜日も、ゆったりと礼拝に出たり、
(先週も、今週も、牧師のお話に深く感動!)

のんびり次の広報(県ネット分)の原稿を書いたり、
とっちらかった仕事部屋の書類整理をしたり(よけい散らかるのですが・・・)

積ん読にしてあった本を読んだり

溜まりすぎた本を処分したり(あんまりできなかった。ホントは半分にしたい!)・・・

そして8月15日は、あの宮崎駿の「風立ちぬ」を観てきました。
ゼロ戦を設計した堀越次郎の物語と、堀辰雄の小説「風立ちぬ」がミックスしたストーリーです。

一画面も見逃すまいと、2時間、瞬きするのも惜しんで集中して観ました。

不思議な読後感。
小説ではないから、読後感というのも変なのんですが、

これまでのジブリ作品のように、
非戦の訴えや、環境破壊に対する怒り、
人間のおごりに対する怒りや哀しみ、あるいは暖かな信頼や愛情、
・・・などというテーマが前面に出ているわけではなく、

不条理は、不条理のまま・・・最後まで。

ザラザラと、翌日になっても、その翌日になっても切なく心に引っかかってくる余韻は、
極上の小説を読み終えた読後感に似ています。

きっと退屈した子供たちもいたでしょう。
戦時中の話なのだからきっと「平和」がテーマだろう、と思った大人の中には、怒る人もいるかもしれません。

でも、きっと、なんとコメントしていいかわからないのですが、
これから、私は、繰り返しこのアニメを観ることになるだろうと思います。

2013年の8月15日に「風立ちぬ」のアニメを初めて観た。
そしてそれから繰り返し観た・・・ということになりそうです。

*****

そして、何箇所かの夏祭りに参加させてもらいました。
炎天下、準備してくださった皆様、ほんとにありがとうございました。

これは、辰巳の夏祭りで素敵な浴衣ドレスの女の子がいたので、スケッチした一枚です。
浴衣ドレス


あすから、いよいよ、怒涛の毎日がスタートします。
まずは、明日の朝姉崎駅で、ネット通信を配布します。




プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。