2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護保険学習会&訃報
本日は、「介護保険の現状と課題」と題して学習会

講師は、服部万里子先生。
服部先生

公益社団法人長寿社会文化協会理事長であり、
立教大学コミュニティ福祉学部講師(前教授)であり
かつ、NPO渋谷介護サポートセンター事務局長、といういくつもの顔を持った先生です。

2時間の講演だったのですが、怒涛の賞味6時間分くらいの講義でした。

2000年にスタートした介護保険は、今や認定者は、2.3倍となり、受給者は3倍となっています。

居宅での利用者は全体の72%。
その72%のうち、さらに軽度(要支援、介護1.2)の利用者は71%、
中度(介護度3)は14%、つまり、利用者のほとんどは要介護度が軽度の人ということになります。

そのうち後期高齢者(75歳以上)は85%、

介護保険は赤字だ、赤字だと喧伝されていますが、
12年間の介護保険事業の収支は、じつは黒字です。

平成23年度の収支も出ているはずですが、未だ公表されていません。
公表すると、黒字がバレるからでしょうか。

「地域包括ケア」という、決して利用者のためにならないサービスのからくりの説明もありました。

イケイケどんどんの「サービス付き高齢者住宅」は、住宅に介護サービスを併設し、サービスを効率化し、
一見よく見えるけれど、サービス単価をさげることを狙っています。

特養などで、施設建設や設備を備えるには公費がそれぞれ3/4出さねばなりませんが、住宅ならば、利用者が家賃・管理費を払うだけなので、公費はかける必要がありません。
(つまり、介護保険会計が助かる)

また一箇所で複数のサービスを併設することで、ヘルパーは、移動時間もなくなり、介護法報酬は月の定額払いにしやすくなり、給付管理が簡単になります。
(つまり、対応時間が短縮されたのだから、ということで、介護報酬を下げる口実になります)

サービスの工夫やアレンジをすることが少なくなるので、ケアマネージャーがいらなくなります。
(ケアマネージャーの単価が下がる。あるいは不要になる)

厚労省は、今後10年間で60万戸のサービス付き高齢者住宅を造る目標を立てています。
(今は1戸100万円の補助金がつく)

でも、サービス付き住宅が行き渡れば、いずれ単価が下がり、
また、利用者や高齢者住宅を建てた人は、痛い目を見ることになります。

・・・あれこれ、書き尽くせないほどの講義!

入院患者の70%は高齢者、しかも長生きする女性がほとんどです。
(その女性たちは、ひとにぎりの厚生年金受給者でなく、国民年金や遺族年金受給者がほとんど)。

介護の問題は、女性の問題だといわれる所以です。

在宅介護の充実こそが、今後の最優先課題だと、服部先生は云われます。

その処方箋も、最後に述べてくださいました。

渋谷区では、区長が変わり、独自の取り組みがなされ始めています。

服部先生が示してくださった3つのポイントです。
まず第一に利用者が声を上げること。その上で、

1、現場を見て、現場にあった独自サービスを開発・提供する。

2、配食サービスだけでなく、そこにいけば安く食べられる場所をつくる。
 (出かける&会話しながらともに食事をする楽しみを共有する)

3、見回りサポーターの仕組みを地域でつくる。
 (在宅の状況を把握する)

その他、検討中の施策も。
疾風怒涛の服部先生のお話に圧倒されました。

**********

ここで、話は、がらっと変わります。

実は、お昼に、議会事務局から、一枚の紙を手渡されました。
市原選出の同僚県議、杉田守康さんの訃報です。
5月6日(月)0時47分心不全で亡くなられた、とのこと。

鶴舞バスターミナルの開所式でも、上総更級公園のオープンセレモニーでもお姿が見えなかったので、体調が悪いのかな、と思っていましたが・・・・今日の訃報です。

お通夜は、5月10日(金)。翌日が告別式です。

市議のころからのお付き合いです。(かれこれ20年)
見解の違うことも多くありましたが、良くも悪くもあれこれ話したり、小言を言われたり、私も言い返したり、など・・・思い出されます。

ご冥福をお祈りします。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。