2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
ともかく横断幕
気合を入れて勉強会に参加すると、あと、ぐったり疲れるのは歳のせいでしょうか。

4月27日は、市原市春季俳句大会。五井会館で行われました。

今回の主選者は、片山由美子先生。
現在は「狩」副主宰。数々の賞を受賞してこられたバリバリの先生です。

片山先生が選んだ「兼題」の特選句は
     菜の花に翳というものなかりけり  高槁悦子さん
     水仙のひとかたまりに匂いけり   藤井瑞代さん
すっきりした佳句です。

私は、今回、まったくの不出来です。でも、命の洗濯はできました。
空気の違った空間にいるだけでも、とても精神衛生にはいいもんだ、と感じながら座っていました。

市原市俳句協会の会長が、安澤善三郎先生から、木村傘休さんに変わりました。
先生と言わなければいけないのでしょうが、ちょっと気恥ずかしいです。
(何しろずっと仲間としてタメ口を聞いてきたものですから・・・・)

28日は、鶴舞バスターミナル開所式。
各地のゆるキャラさんたちが勢揃いして、賑やかにテープカット。
バスターミナルテープカット

栗田さんの作品の鶴舞シンボルマーク・チェンソーアート
チェーンソー鶴舞マーク
手にしている女性は、三橋副市長。

お気に入りのゆるキャラおっさ君と私。
バスターミナルおっさ君と私


その後、私の所属する教会の総会。手際よく様々なことを語り合いました。

それから、大急ぎで、五井会館の市原市認知症対策連絡協議会」の設立総会へ。

最後の3分の1ほど、聞くことができました。

県の地域医療支援事業として「連携パス」とコーデネイトを地域に配置する事業というのがあります。

このモデル事業を行っているのは、
佐倉、松戸、袖ヶ浦、海匝(旭)と聞いて、なるほど先進的に既に取り組んでいるところは違うな、と納得したり・・・。

市原は、これからですね。

ぐったり疲れて、でも宿題を!
ということで、シーツを買いに東奔西走。なかなか思ったようなシーツがないのです。
何のために?

実は、「経産省前テントを守ろう!」という横断幕を作るためです。シーツ探しに1時間、市内のお店をうろうろ。

そして夜の作業で,ようやく描きあげたのがこのシーツ、いや、絵です。
横断幕テントを守れ


プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ