2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
議会&八ッ場&9条
怒涛の決算委員会がやっと終わって、12月議会も終わりました。
私は、平成23年度千葉県一般会計、特別会計決算に反対の討論をしました。

主な反対理由は、
1)正規職員をどんどん減らし、非正規職員雇用で、県行政が移行しつつあること

小学校を例にとっても、年度当初から非正規講師を当て込んで、人員体制をとっている。
保育所では、若い人しか雇えず、就労支援の現場や、DV相談窓口が、非正規。

子どもをまもり、直に接する教師や保育士が、不安定雇用で、
安心して子供を産み育てる、または預けることができるわけないじゃないですか、
いじめだって、教師の置かれている不安定で窮屈な状況が
反映している部分もあるはず、ということで厳重抗議。

とりわけ、不安定雇用の状況に女性が置かれていることに苦言を呈しました。

2)農政の無策。
TPP参加は明らかに千葉県農業にダメージをあたえると試算しながら、
何の手だてもせず、
バイオマスはことごとく失敗、
耕作放棄地は増え放題、
有害獣(この言い方も好きじゃないが)は増え放題、森林は荒れ放題、
農家収入は激減、
でも、農業予算だけはしっかり確保して、粛々と何かやっている(予算消化している)

結果をださない政策では意味ないだろうということで、つい、怒りに任せて反対。

3)健康福祉では、
放射能の健康被害調査を全くやっていないことに対して。
子宮頸がんワクチンには国の方針とは言え、60億円ものお金をつぎ込むのに、
わずかな予算で足りるヨウソ剤の備蓄は、全く気配なし。
子宮頸がん予防は、本来、検診を勧め、受検率を高めることがより重要なはず。(20%前後の受検率)

4)人口推計はデタラメ、水需要はお手盛り、それなのに無駄な八ッ場ダム等の事業は、国のいいなりでやめない。言い訳にさえなっていない状況で、ペケ!

その他、あれこれ指摘し、早口で8分強。

来年2月1日は、私が会派の代表質問の当番で、登壇します。
1時間しゃべることができます。
(欲張りすぎると、それでも時間が足りなくなるので注意!)
いまから準備しないと、あっという間に忘年会、里帰り、大晦日、お正月、新年会、総会のラッシュで時間がなくなります。

12月9日は、朝は、子供の教会で、久しぶりにお話させていただきました。
題は「クリスマスのりんご」
こどもたちの真剣な眼差しがまぶしいです。

午後は、東京水道橋の八ッ場ダム阻止に向けての集会に参加。入江さんが司会で頑張っていました。
八ッ場ダム

これは、今いちはらネット事務所のパッチワークとトールペイントの展示。
一気にクリスマスモードで部屋が明るくなります。
お近くの方は、ぜひ立ち寄ってください。
DSCN2320.jpg

最後は、おすすめ図書で
「9条どうでしょう」ちくま文庫
内田樹、小田嶋隆、平川克美、町山智浩の共著。
2006年3月、安倍晋三内閣のとき、教育再生会議主導で「愛国主義教育」が導入され、改憲が政治日程に上がってきた頃の本。
古くない!今読みかえすべき本です。
語り口は、内田さんだから絶妙です。ほかの人も硬軟取り混ぜて、わかりやすいです。
9条どうでしょう

今や、亡霊のように、安倍さんが総裁となり、「国防軍」などど、はしゃいでいます。
このままでは自民党一人勝ち?
公明党と組むと300議席を超える?
そんなんでいいの?

今は、2006年年?2012年?
・・・・時計の針がメビウスの輪のように捻くれてつながっているのか、
それとも、タイムスリップしているのか、
けったいな気分です。

ネットの20周年記念講演で、
「原発と改憲は不可逆性の課題」と提示してもらいました。
だからこそ、今、読み返してもらいたい本です。
護憲、改憲の枠組みを超えて、読んで欲しい一冊です。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。