2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石井さん 残念!
選挙応援に行った長生村の石井としおさんが、村長選でまさかの落選!
え~っ?

得票数
石井としお 3722票
小高 陽一 3779票

清廉潔白、人望もあり、確かな実績もある石井さん。
支持者の中に、油断があったのだろうか?

それとも、ネガテブキャンペーンに、村民が惑わされたのだろうか・・・。
幸福の科学から1億円の金をもらっているとか、長生村は80億円の借金があるとか・・・
よくもまあ、これほど、でたらめな嘘八百を書き連ねたもんだと思うほど、
無茶苦茶な内容の怪文書やらキャンペーン。

それでも、人は騙されるのか・・・。
・・・分析は、これからだろうが、でも悔しい。

さて、もう一つの話題。こちらは、今や時の人である飯田哲也さん。
大阪橋下市長の原発・エネルギー部門のブレーンでもあった飯田さん。
なんと、山口知事選に出馬を決意したのだそうだ。(先週の新聞記事で読んで、びっくり!)

フェイスブックで、ご自分の心情を綴っておられる。

いくつかのコメントの中のひとつ。

(飯田哲也さん)
県知事という政治家よりも、これまでどおり、国も地方自治体も国際機関に対しても、また政党や考え方を問わず、自由かつ独立の立場から政策提言し、その実践を助言した方が、リスクが少ない上に効果的だという助言もいただきました。

しかし私は、以下の理由から、この山口県知事選挙とその職に賭けることを決意しました。

①3・11後にエネルギー政策を変える使命があり、中央政府が逆回転し始めた今だからこそ、地域からの歴史的なダイナミズムを生みだしたいこと

②故郷・山口は明治維新を生み出した地であり、立場・考えの違いを超えて、必ずや県民のみなさんが私の信念に呼応して決起して下さると信じていること

③日本中が閉塞感に覆われるなかで、故郷・山口から「脱官僚・脱中央・脱閉塞」による開かれたデモクラシー改革を通じて、「ほんとうに豊かな21世紀の地域社会」を目指したいこと

(・・・そして故郷山口に対する熱い思い)

山口が福島を助けるための維新を興していきたいとの想いから、この度の出馬を決断いたしました。

最後の言葉にジーンと来てしまいます。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。