2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
すごい村長の話
帰宅後、メールを開いたら、佐倉ネットのメンバーからこんなメールが届いていた。

一瞬、長生村村長の石井としおさん のことかと思ったら、

長野県上伊那郡中川村の村長さんのことだった。

ホームページを見て、その答弁を読んで、びっくり。


http://t.co/mUKfmV7J のホームページを見てください。

やっぱり、石井村長みたい。

首長が、自らの政治姿勢を明らかにして、あるべき自治体の理想を語ることは難しい。
これは、佐倉の大野ひろみさんも、言及している。

そんな中、わが千葉県では長生村の村長さん、石井としおさんが際立っている。

合併しなければ村は、ランプと井戸の生活になる、と脅されつつも「合併しない、平和憲法を活かす」村民との約束は守る、医療費は小中学生まで無償化を実現した。3期目当選したら、次は高校まで無償化を実現するという。まさしく、有言実行の人である。

そして今、脱原発を訴える首長連合に要の一人でもある。

業者からは菓子折り一つ貰わない、職員採用でも、付け届けは、通用させない。きっぱりことわる。
そんな姿勢を貫き通してきた石井村長に敬服する。

首長は、おそらく、一度でも気を許して、わずかな袖の下でももらってしまえば、そこからずぶずぶになる。

8年間、まっすぐな姿勢を貫き通るというのも、時には「融通がきかない、とか、清濁併せ飲まねばだめだよ」とか、いろいろ言われただろうと思う。

それでも汚れに染まらず、きっぱり村の人の暮らしの質を高める活動を積み上げてきた結果が、6億円の貯金の積み増しにつながった。

そんな石井村長を信頼し、前回の選挙も、今回の選挙も応援に行った。

応援する長生村の人たちのあったかさも、気持ちいい。
昨日の午後、半日しか、お役に立てなかったが、私の方がエネルギーを貰った。

石井さん、へんてこな怪文書や、デマを押しのけて、
必ず当選してください!(投票日は、日曜日。なんとか晴れて欲しい)

さて、私ですが、昨日、ちょっと声を張り上げすぎて、今日は、風邪がぶり返した。

・・・・ああ、なさけない。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ