2015/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
何!?育鵬社の教科書?!
8月24日、6時から、市原の教育長の退任、新任の感謝と祝賀会があり、
「千葉県は、変な教科書を採択したりしないよね。」
「市原の教育委員会は、神奈川県じゃあるまいし、良識あるもんね」などという会話を先生方としていたというのに、

なんと・・・・千葉県!森田知事!とうとう やってしまった!
とんでもない知事だとは思っていたが、ここまで○○だとは・・・・ヽ(`Д´)ノ!

帰宅後に読んだ東京新聞。

千葉県教委は26日、県立千葉と東葛飾の両中学校で、あの「育鵬社」の教科書を採択した!県内 初!

市立の学校では、各市の良識ある教委が反対すると踏んだのか、中高一貫教育をめざし、県の威光が直接反映する県立中学校2校に目をつけたのだ!

この2校では、来年度から4年間使用する歴史と公民の教科書が育鵬社版になる。

生徒は千葉、東葛飾、どちらも一学年80人。
2016年度は 両校の中学一年生が歴史。千葉中の三年生が公民で育鵬社の教科書を使うことになる。

県教育委員会は非公開で行われた。

歴史と公民の教科書、県教育委員会が、育鵬社を事務局案として提示。
計6人のうち、1人から異議が出され、表決により、賛成5人、反対1人で決定された、と東京新聞は報じている。


千葉日報系のインターネット配信情報では、さらにこう書かれている。

教育長と教育委員4年に1度の採択で、歴史は8社、公民は7社の教科書を対象に審議。教育委員6人の多数決で決定した。育鵬社版を採択した理由について県教委は「道徳教育と郷土、歴史、伝統文化についてコラムや特設ページが最も充実していた」などと説明した。

 育鵬社の教科書は「新しい歴史教科書をつくる会」の元メンバーが執筆に加わっており、保守色が強いとされる。


これは東京新聞の切り抜き。
育報社

育鵬社の歴史教科書も凄まじいが、公民の教科書に至っては、荒唐無稽、バカバカしいとしか言い様のない内容。
こんな教科書を採択してしまった教育委員は、今後、子や孫に、どう釈明するつもりなのだろう・・・・。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ