2014/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
まどみちおさん 死去
2月27日(木)会派の藤代まさおさんの代表質問がありました。

まずは、知事の政治姿勢について知事に質問

国のエネルギー基本計画に対する知事の見解、健康被害調査について、指定廃棄物について、

答弁は、いつものように「国の動向を見て、他県の状況を見て・・」と繰り返すのみ。

留守番電話のボタンで「タダイマ 留守ニシテ オリマス」と繰り返されている気分です。

また、海外での知事のトップセールスの成果は?

どうも売れたのは、梨100箱とその他ちょっと・・・みたいです。

新年度も、知事の海外へのトップセールスで2000万円の予算がついています。

また、アクアライン800円は継続になったけど、ところで、千葉県の負担金の15億円は、何に使われたの?

何度聞いても、県土整備部長から、答弁らしい答弁は、なし。

お国に、15億円ぐらい上げればいいか、という感じだったのでしょうか…。

釈然としません。

ほかに、三番瀬、北総鉄道、東千葉メディカルセンターのこと、

総合診療医と地域医療、生物多様性戦略、有機農業など、多岐にわたります。

藤代さんの質問、再質問は、力のこもったものでしたが、答弁は、あいも変わらず、身も蓋もないものばかり。

こんな答弁しかしないのなら、あんなにヒヤリングしなくてもいいじゃない、というのが、

私および傍聴者の感想です。

*******

そして、その夜は、石丸志津子先生の前夜式。

いつも弾けるような笑顔で、周りの人に配慮し、並の人の5倍は働かれたスーパーウーマンの志津子先生。

バリバリに聡明なのですが、先生は、はにかみ屋で、人前に出ることが好きではありませんでした。

葬儀が行われたのは、浜野にあるひっそりとした家庭的な葬祭場。

「私の時も、ここでしてもらいたいわね」
「じゃあ、ちゃんとエンデングノートに書いときなさいよ」と、親しかった人たちとヒソヒソ。

志津子先生自身が、ここでのお葬式を望んでおられたのだそうです。

牧師の司式で、親しい人たちが思い出を語り、一同、先生への想いを新たにしました。

お若い時の写真も展示。
娘時代の先生のお写真は、オードリー・ヘップバーンみたいです。

(私も、初めて教会へ足を運んだ時は、先生にボーっと見とれていました)

天国では、きっと、石丸実先生が首を長くして待っておられたことと思います。

…働き詰めだった志津子先生。ゆっくりお休みください。

******

28日(金)さっきのニュースで、詩人のまどみちおさんの訃報が伝えられました。

だれからも愛されたまどさんの詞や歌。

私も、まどみちおさん作詞の「ぞうさん」の歌が大好きです。

(1) ぞ~うさん、ぞ~うさん

    お~はなが ながいのね

    そ~うよ かあさんも ながいのよ~ ♫

(2)ぞ~うさん ぞ~うさん 

   だ~れが好きなの?

   あ~のね かあさんが す~きなのよ


「おかあさん、だ~い好き!」という、一点の曇りもない信頼と、はじけそうな心が伝わってきて、
 
実は、この歌を聴くと、私は、いつでも泣いちゃうのです。

声に出して歌うと、もっと泣いちゃいます。

まどみちおさん、志津子先生、

美しい魂に出会えたことに、感謝します。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ