2012/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
これから里帰り
29日~31日まで里帰りしてきます。
能登空港を利用します。
母から電話で、「寒いからくれぐれも万全の準備で!場所によってはマイナス7°だって」と念を押されました。

アクアライン経由のバス → 羽田から能登空港 → 自宅まで故郷タクシー、
と、約4時間で実家のこたつに到着します。

かつて12時間かかって子供3人抱えて里帰りしたことが夢のようです。
でも、今回は、吹雪いて飛行機が飛ばなければアウトなので、それがちょっと気がかりです。

いろいろあった一年でした。
なんといっても、同朋の岡村さんを失いました。

自分よりはるかに若い人の死は、ずしんと堪えます。
まだ50才になったばかりだったのに・・・。

一期一会、とか、
諸行無常、とか、
そんな言葉が、ずっと気持ちの底にこびりついています。

県議会では、エコテックをはじめとする処分場の設置などの環境問題、
小敷谷の射撃場再開問題、
まだ議会では取り上げていないけど、大多喜の林業振興事業のこと、
児童相談所、特別支援学校、北海道のはるにれの里などの見学

市原のことでは、なんといっても8月末に急浮上してきた市役所建て替え問題!
最近、ますます、不明瞭になってきました。

そもそも耐震強度がどんだけ不足しているの?ということが、未だによくわからない。

先日4つの案を示してきたコンサルタント、長大(株)が、議会に呼ばれて説明したそうだけど、
耐震強度が地下一階が0.35だという事実もよくわかっていなかった、という話を聞きました。

え~っ?なんのこっちゃ!振り出しにもどったじゃないですか。

こんなわけのわからない4案の焼き直しの防災棟を建てる計画を
もしも議会が丸呑みするんなら、
市原市議会の存在意義が問われる。
市議会の議員の皆様、正念場ですよ。

そして南いちはらの「アート×ミックス事業」
果たしてうまくいくんでしょうか・・・。

国政では、
12月総選挙がとんでもない結果に終わりました。
予想はしていたけど、それでもあまりにひどい結果!

脱力して、ため息しか出ません。
でも、子供たちに、恥ずかしくない世界を手渡すため頑張らなければなりません。
亡き事言わず、頑張らなきゃ。

3月には知事選もあります。

その前に、私は、2月1日10時から、会派の代表質問です。

聞きたいことは、
・次年度予算のあれこれ
・知事の政治姿勢あれこれ
・特別支援学校・学級・その他学校のこと、
・環境問題、再生可能エネルギーの進捗、
・防災、
・女性の課題・・・など等

言いたいことは、モヤモヤたくさんありますが
限られた時間でまとめなければなりません。

一年は終わり、無事に能登から帰ってきたら、やがて除夜の鐘。

来年も、よろしくお願いします。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ