2012/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
敬老会&貧困ビジネス&台風
現在、台風が通過中。

強い台風17号は、午後7時ごろに愛知県東部に上陸し、
静岡県や山梨県では1時間に100ミリを超える猛烈な雨を降らせ、
東海北陸や関東甲信など広い範囲が台風の暴風域に入っていて、
気象庁は土砂災害や洪水、それに高潮などに厳重な警戒を呼びかけています。

千葉は、逸れるかと思っていたけれど、今、風の音がすごい!

今日は、朝、辰巳台の敬老会。いつものように、ほんとにあったかく活気のある敬老会です。

岡村さんの地元でもあり、彼女が和服姿で楽しそうに私の隣に座っているように思えて、何ども胸が詰まりました。

その後、お声をかけていただいていたので、加茂地区(高滝公民館)の敬老会へ。
初めて伺うので、ちょっと緊張しました。

実は、「12時頃に来ると、面白いものが見れますよ」「でもちょっとの時間だから・・・・」と聞いていたので、何がなにやら、と思いつつおじゃましました。

そして、12時!(゚д゚)

G・Gパラダイスなる、けったいな美女軍団グループのフラダンスが始まりました。

金髪のカツラにしっかりメイク。悩ましい腰つきも堂に行ったれっきとしたフラダンスです。

地区町会長さんたちによる抱腹絶倒の大真面目なダンス。
豊かな胸!・・・なにが入っているのやら・・・。
ちょっと愛嬌のたぬき腹にゴムのスカートがゆらゆら揺れて・・・あ~、来てよかった!

きゃーきゃー笑って、会場はおじいちゃん、おばあちゃんも、怒涛の大爆笑!

私も写真に撮ったけど、ケータイからブログに移せない。残念!

「アンコール!」と平場から元気よく叫んだけど、無視されました。

踊りを終わって壇上を降りた面々が、外股でどしどし歩きます。

来賓席の私に、「ようこそ!」と声をかけてくださる方がいたけど、誰が誰やら・・・。

加茂地区は、来春から里見小、高滝小、白鳥小、富山小の4校がいっしょになり、小中一貫校となります。
そんなわけで、今年はすべての学校の児童が参加して、それぞれの企画で敬老会を盛り上げました。

児童数の少ないこの地区では、運動会も敬老会も地区の人たちが子供達と一体になって盛り上げます。

私は午後の参加なので、フラの後、可愛い富山小学校の子供たちの様々な出し物を見学しました。
一人ひとりが、自己紹介をします。サッカーが得意です。カマキリが好きです。可愛いコメント付きです。

最後は、子供たちからの、お年寄りの方々へのエール。
おじいちゃん美味しいお米ありがとう、おばあちゃん美味しい野菜ありがとう!
フレー、フレー!おじいちゃん!フレー、フレー!おばあちゃん!

かわいくって、かわいくって・・・見つめるおじいちゃん、おばあちゃんの顔がとろけそうで・・目頭を押さえるおじいちゃんたちの笑顔・笑顔・・・。

さてそれから、県庁そばの県ネット事務所へまっしぐら。
2時から、「貧困ビジネスってなに?」の学習会がありました。
講師は、常岡久寿雄弁護士です。
無料低額学習会風景

近年、ホームレス状態にある人に声をかけて、業者が、宿泊所に入所させ、生活保護を申請させ、劣悪で狭い住空間に法外な宿泊料をとり、そまつな食事や、週3日だけの風呂、などで、生活保護費を、実質巻き上げるようなビジネス?が横行している。

その実態と課題を学ぼうという学習会です。

実は、市原には、こうした事業所が9箇所もあります(平成24年4月1日現在)。
県内では、千葉市を含めると54箇所。
その他、類似のことをおこなっていても届けをしていない事業者もいるので、
正確な実態はよくわからない、というのが現実です。

常岡さんから、現在八千代で係争中の案件について、具体的にその事例を話していただきました。

ここは、八千代のどこかの旧社宅を借り上げた施設の室内。
無料低額写真

かつては1世帯が住んでいた2LDKに5人を住まわせる。6畳の部屋に二人ずつ。LDKの「L」にも一人。
間仕切りは、板戸一枚。(左端の写真)
縦に布団を引くことができても、横では引けない狭さ。(布団は前に住んでいた人の布団を干しただけで使いまわす)
粗末な食事と週3日のお風呂、時間は拘束し、すべてをいれて8万8千円(うち部屋代は4万6千円)

部屋代4万6千円で、一人あたり、畳2枚分というのは、あんまりな話。
いまどき、これだけ出せばもっとまともな部屋に住める。

しかし、この基準は、国の厚生労働省、社会援護局が認めてしまっている基準。

だから、常識的に考えればわかる非人間的な住まいが、合法的だということになってしまう。

一旦、路上で声をかけられ入室してしまうと、出にくくなる心理につけこまれてしまうのだという。
おまけに、市の窓口に行けば、こうした業者を勧められたりする、というから始末が悪い。

もう少し詳しい話は、次回に書きます。

外は、まだまだ、激しい風が吹いています。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ