2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小池都知事東京都で私立高校授業料無償化?
朝日新聞でこんな記事が・・・
私立高の無償化、小池知事検討 年収910万円未満対象

これが実現したら快挙です。
千葉県議会でも、請願が出され、公立高校の授業料が無償化しているのに、なぜ、同じ県民でありながら、私立に通う生徒は高額な授業料を払うのか・・・問題提起されてきました。
私立学校に対しては、「家計が苦しいのなら公立へ行けばいいだろう。保護者や当事者が自分で私立を選択しているのだから、授業料負担はあって当たり前。」という理屈を言う人がいます。

しかし、私立を選択せざるを得ない生徒もたくさんいるのです。複数の子どもが高校、大学と私立に通うことで家計が火の車になっている家庭が多い実態があります。
(少子化対策を国も謳いながら、なぜ子どもの養育にこれほど自己負担を強いるのか、経済的には先進国であるはずの日本なのに、と思うと理に苦しみます)

 公立高校の授業料が無償化したことに伴って、私立高校に対しても、これまでよりは、収入に応じて段階的に国の支援金などが出るようになりましたが、まだまだ保護者負担の格差が公立と私立では大きいのが実情です。

記事の要旨は、以下のようです。

小池百合子知事が、教育機会の平等化のため私立高校の授業料の実質無償化を検討していることがわかった。世帯年収910万円未満を対象に、都内の私立高の平均授業料の年44万円を国と都で肩代わりする案を軸に、新年度予算に都独自の上乗せ分として新たに約140億円を計上する方針。庁内には慎重論もあるが、小池都政の目玉にしたい考えだ。

今回、都は現在の支給世帯に一律44万円を支出する実質無償化を検討。都内在住の私立高生に、都外の私立高に通う生徒も含める予定だ。都の支出は、現行の給付型奨学金が年約50億~60億円で、新たに約140億円が必要という。

これが実現すると、千葉県から東京都へ通う生徒と、都民である生徒の間に支援の格差が広がることになり、東京から千葉県の私立高校に通う生徒と、千葉県在住の生徒との間にも支援格差が広がることになります。
(さあ、どうする!千葉県!)

 
バラマキ云々の問題でなく、基本的な学ぶ権利を保証するという高校までの授業料無償化は、大人の責務であるはずです。
東京都の成り行き、小池知事の踏ん張りを、真剣に、見守りたいと思います。

都予算案は来年1月下旬に公表され、2月から都議会で議論が始まります。
(日程的には、千葉県もほぼ同じ)。この議論が千葉でも熱く語られることを期待します。

仕事納めのブログを書きましたが、午後1時から、千葉駅クリスタルドーム前で、今年最後の街宣を行うことになりました。
テーマは、3月に行われる知事選に関すること。
千葉へお出かけの方は、足を止めて聞いてください。.
スポンサーサイト
つくばネットがんばれ!
10日の日は、つくばネットの選挙応援に行ってきました。
つくばネットはすでに3人の市議会議員を出していますが、今回の選挙で4人目を出そうとしています。

私が応援に入ったのは、新人の小森谷さやかさん
文字どおり、元気もりもり小森谷さやか、さわやかさやかさんです。

楽しく選挙カーに乗せていただき、元気に市内をピーチクパーチク、うぐいす(からす)しました。
頑張るぞ!おー!
というわけで、この写真です。
さん小森谷さやか

前泊で、つくばに住んでいる娘の家に泊まり、孫たちと賑やかな時間も過ごしました。
孫が通っている保育所も、玄関先まで、ちょっと拝見。可愛い園庭の遊具。
あきこ保育所
お母さんやお父さんが、慌ただしくお子さんをあずけて、ちょっと保母さんと会話して、
小走りに車にもどり、仕事場に向かいます。

つくば市は、待機児童数が県内一高いのだそうです。
つくばエクスプレスの延伸で、急激に新興住宅地に家が立ち並び、すさまじい勢いで人口が増えているためです。
つくばネットは市長選も併せて行っており、政策が共通する若い市長候補を応援しています。

小森谷さん、頑張れ!
ほかの3人の候補者も頑張れ!
ついでに 市長選も頑張れ!

泣いても笑っても、今日一日の選挙戦です。
自民都連のドン」に批判ツイート連発 猪瀬元知事の意趣返しか
今、ヤフートップページにこんなタイトルの記事が出ました。

実は、一昨日、おときた駿都議会議員のブログに何やら気になる記事が出ていて、「あれ?」ということで情報収集していました。

そしたら、とうとう、さっきヤフートップニュースに
自民都連のドン」に批判ツイート連発 猪瀬元知事の意趣返しか という記事!

詳細は、インターネットで検索してご覧下さい。
今後、どうなるのでしょう。
もう、何が何やら・・・。

でも二度と、バカバカしい理由で、都知事がまたやめなければならない事態だけは、避けて欲しい。
都民の皆さん、しっかり、じっくり、信頼できる候補者を選択してください。

最新の「週刊金曜日」(7月15日号)は、
「呪われた東京五輪」で大特集。

都知事選の争点は、「森利権」を一掃できるか否かだ。
田中英壽JOC副会長周辺に浮かぶコワモテな面々。
銀メダリストとJOC理事がトライアスロンで不可解経営
膨らむ開催コスト 都民負担はいったいいくら?
戦争国家の次は、ギャンブル国家か?


読み応えあります。
スポーツの祭典、スポーツマンの清潔で真摯な妙技に見とれている裏では、
こんな闇の世界があるのですね。

東京オリンピック・・・ほんとにやっていいの?という気持ちになります。
5月31日 小西ひろゆきさん×鳥越俊太郎さんのトーク!
緊急お知らせです!

小西ひろゆきさんを応援するため、あの鳥越俊太郎さんが千葉市にやってきます。
生の鳥越さんのお話を聞くチャンスです!

急に決まった話なので、周知期間が十分とれなかったので、今からでも間に合います!

要予約ですが、お誘いあわせの上、お集まりください。
時間が夜の7時なので、お仕事帰りで間に合います!

************

「崖っぷちの“報道の自由”
-アベ政権が目論むメディア統制-(仮題)」
ゲスト:鳥越俊太郎さん(ニュースの職人)
小西ひろゆきさん(参議院議員)

日時:5月31日(火)19時~21時(開場18時30分)

場所:千葉市文化センター 5階セミナー室(定員120名)
主催:言論の自由を守る市民の会

参加費:無料 ※要予約
申し込みは090-5552-6445(関根)まで!


安倍政権が目論む言論統制は、既にメディアの世界を浸食しています。
歯止めをかけるためにどうすればいいか、
二人の熱いトークをぜひお聞きください。
「ウラ話」もいっぱい!?

山本友子のメールでも申し込みは可です。
k-t-yamamoto@icntv.ne.jp

************
(別件)
酪・ガレリアでの私の絵の展示は、本日で終了しました。
約一か月の間、展示してくださった酪さん、ありがとうございました。
また、はるばる足を運んで私のつたない絵を見てくださった皆様、ほんとにありがとうございました。
写真は、酪さんのお店の前のイングリッシュガーデン。
201605292042249ba.jpg
皆様、ほんとに感謝です!

これは、会期中に描いた絵です。ちょっと変ですが・・・。
20160529203750335.jpg



横浜での全国交流会&ひとこまともこ
5月21日~22日の二日間、市民ネットワークの全国交流集会が横浜で開かれました。
千葉県からは総勢51人が参加。

21日、第一部は、今回の参院選で全国比例区から出ている大河原まさこさんを送り出す決起集会を兼ねた政策フォーラム。
FOEジャパンの吉田明子さんがエネルギー問題を語ります。食と農の安全、近郊都市農業のあり方を語るのは高橋金一さん(江戸東京野菜生産農家)、市民ニーズに沿った保育、介護、地域福祉を提供しているNPO法人ピッピ、親子サポートネット理事長である友澤ゆみ子さん。そして世田谷区長である保坂展人さん、コーデネーターは大河原まさこさんです。
写真は大河原さんと保坂展人さん
201605281709560f9.jpg
もう一枚は、原発ゼロをめざす「ゼロノミクマ」ちゃん。可愛いいんですが、身内でも知らない人がいて・・・もう少し知名度を上げねば!
20160528170958bec.jpg

暮らしと直結した政策を参議院当時から手掛けてきた大河原さんは、まさしくこうしたテーマでは、ぴか一!頑張れ!大河原さん!

その後、桜木町の駅頭で、街頭演説会。各地から駆け付けたネットが次々リレートークしました。
横浜市教育会館に戻って全国の市民ネットワークとの交流会。各ネットから日ごろの活動の報告、取り組みなどが報告されました。

交流会の後、桜木町の駅近くの居酒屋「ごっつあん」に千葉県の面々が入ったのですが、ここに入ってびっくり!
狭い店内の壁一面に「見附島!」・・・な・な・なんで?
富士山がバックにあり、ちょっと銭湯っぽいのですが、驚いて、店長さんに聞いたところ、年に一度、珠洲市の方々が見えるのだそうです。
お酒は「宗玄(そうげん)}。嬉しくなります。
ちょっと呑みすぎました。

翌日は、「ピッピ・親子サポートネット」の見学など。(たくさんあって書ききれません。すみません。)
ここで、友澤ゆみこさんから、子育て、介護、生きづらさを抱える人のために、ニーズから出発して、次々新しい事業が始まる活動の広がりを聞きました。
201605281651038be.jpg
その後、食のワーカーズ提供の美味しいお弁当。保育園の小さなテーブルと椅子に座って、意見交換も。
20160528165055b57.jpg

子育て支援は・・・働いていても、いなくても、いざというとき預ける場所が欲しい・・・。
ほんとだよね。今の国の政策は、働け、働け、・・ホントは、夕方には、子供を迎えにいって、家族揃って食事したい、
夜遅くまで子供を預けたいわけじゃない・・・でも、実態は・・・・。
それに疑問を呈すれば、「では、家庭で子育てに専念しろ・・」

働きたくても、子供を安心して預けるところが見つからなければ働けない・・でも仕事についていないと保育所は申し込めない。

こどものためにほんとに必要な保育所、保護者にとって、ほんとに安心できる保育所、
そんな当たり前が、今の国の政策では置き去りにされて、
ただただ、待機児童解消・・・なんか違います。薄ら寒くなります。

だからこそ、ここ、「ピッピ保育園」が光ります。
ここだけでなく、もっと全国に広がって欲しい!
そんな想いで帰りました。

昨日から(5月27日)県議会が始まりました。
午後は、中学生議会。私は、通常の執行部席で、傍聴しました。
県内各地から集まった中学生は、みんな立派だけど、でも、なんだか大人に「言わされているな」と感じました。
もっとストレートに子供たちの主張が聞けたらよかったのに。

また、執行部答弁が不十分だったら、生徒から2回目の質問、3回目の質問が出たら面白かったのに・・・。

今から20年ほど前、宮城県子供議会を見学した折、子供たちからするどい質問が連発され、知事(浅野さん)を初め執行部と丁々発止のやり取りが交わされ、最後に浅野知事がコメントで「みんなおりこう過ぎて面白くない」と叱咤激励する場面があったことを思い出します。
来年は、もっと自由な質疑の応酬を期待します。

さて、養老渓谷のパン屋さん、酪さんでの私の絵(?)の展示は明日(29日、日曜日)までです。
遠路、お越しくださった皆様、ありがとうございました。
今後は、もっとマメに絵を描くことにします。

酪さんで、一服している時に書いた絵です。
私は、昔から、今の都知事は、水木しげるさんのねずみ男に見えて仕方ありませんでした。
ケチでコソクなところがそっくり!
そこで一枚、描いてきました。
20160528165105aaa.jpg

家で一服したので、これから、鶴舞の環境問題検討会に行きます。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。