2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
後からくる者のために
「たんぽぽ舎」から送信された記事の中から抜粋してくださった記事をさらに転記させていただきます。
高浜原発の再稼働に抗議して、とうとう断食にはいられた中嶌哲演氏の声明文。
ひとりでも多くの方に読んでもらいたいと切望します。

1.「あとからくる者のために」
 |  2017.5.15関西電力本社前で断食声明
 └──── 中嶌哲演 (若狭の一住民・ー仏教者として)

・福島第一原発震災から6年、ますます,過酷・深刻化している「フクシマ」の
被災者たちに心を寄せ、その抜本的で包括的な救済(法的・財政的な整備など)を
願い、また、若狭に「第二のフクシマ」を断じて繰り返させないことを願って、
今朝から断食を始めました。
(1)関西電力は、高浜原発4・3号機の起動を延期し、再稼働を再検討し、断
念すること。
(2)国は、大宝(701)と天正(1586)の大地震・津波に関連して、高浜・大飯原発
の近傍と冠島の海面下を公明正大に調査し、検証すること。
(3)広範な住民・市民のみなさんは、いつでも、どこでも、だれでもできる一
食断食、ー日断食などで、再稼働反対を表明し、その食費を反対運動資金にあて
る共通の口座に振り込んでいただくこと。

 関西電力は、高浜3・4号機、大飯3・4号機の再稼働のために、すでに数千
億円の新安全対策費を投じ、高浜1・2号機、美浜3号機、大飯1・2号機の延
命にもさらなる高コストを迫られています。その巨額の対策費を脱原発のための
準備に転換するならば、離反しかかっている消費者も踏みとどまり、共感し、支
持することでしょう。

 もし理不尽にも(1)が強行突破されても、少なくとも(2)の確約が得られ
ない限り、私は断食を続行する決意です。この私の主張と行為が単なる独断や軽
挙妄動でないことを、過去4度におよぶ断食声明によってもご判断いただければ
幸いです。
 フクシマ以後、今日に至るまで、あらゆる世論調査は再稼働反対が賛成をはる
かに上回っていることにも配慮してください。(3)の持続的な広がりをも確信
し、期待しております。

 (2)について。関西電力は私たち若狭の住民の度重なる要望に耳を傾けませ
んでしたが、国の調査によって、高浜の海岸から500mの内陸部を襲った天正の大
津波の痕跡が発見されました(昨年)。高浜原発はその地点から7kmです。
 また、大宝の大地震によって陥没した大島(東西2.4km、南北6.4km)の山の頂上
が海面上に残ったというのが、冠島の由来です。その海面下に階段状の人工遺跡
がダイバーたちによって発見され、話題のスポットになっているのです。
 冠島から宮津湾内へ13km、海岸から500m、海抜40mの真名井神社に、大宝の大
津波をせき止めたという伝承をもっ古い「波せき地蔵」がまつられています。
 高浜原発4基は冠島から12km、内浦湾の奥懐深く位置しています。関西電力は、
最大6.7mの津波にそなえた8mの防潮堤で足りるとしています。
 地震学者をはじめ歴史学者や考古学者などの本格的な調査が望まれる所以です。
 高浜原発(をはじめすべての原発)の再稼働に私が反対する根本的な理由は、決
して上記に尽きるものではありません。その根本的な理由として、

 第一に、冒頭で表明したように、再稼働よりも、福島第一原発震災の被災者た
ちの全面的な救済、福島第一原発事故の原因究明と後始末こそ最優先すべきだか
らです。

 第二に、1基の大型原発が1年間稼働するだけで広島型原爆1000発分の「死の
灰」を生成、蓄積せざるを得ないからです。国内の原発群はすでに同120万発分に
達していて、再稼働はそれの増加につながり、後世代へ巨大な負担をのこすこと
になります。
 また、原発内の被ばく労働者の累計は、広島・長崎の原爆被爆者65万人に迫ろ
うとしています。膨大な放射性物質が放出・拡散すれば、いかなる惨禍に見舞わ
れるかを、フクシマから十二分に学ばなければなりません。この一事だけでも、
再稼働は許されないはずです。

 第三に、麻薬的な原発マネーにより国内植民地化された「立地(集中)地元」の
過去と現在から目をそらし、もっともらしい個別の安全論議に終始しているから
です。
 関西圏の火力発電所は12か所37基が瀬戸内海側に林立しているにもかかわらず、
関西電力の原発は若狭の3町に11基が集中し、超高圧電線で関西圏に送電されて
きたのです。
 「必要神話」はともあれ、「安全神話」は福島や若狭に1基目の原発が設置さ
れた時、原理的に崩壊していたのであり、2011年3月11日に現実的に完全崩壊し
たのでした。
 そのフクシマ後においても、30km圏内の住民に避難指示が出されるのは、平常
時の10000倍の放射線被ばくを強いられる状況になってから-という大事故の発生
も織り込み済みの再稼働!このように「立地・周辺地元」の棄民政策は貫徹され
ているのです。
 従来の枠組みは、地元立地自治体と立地県の同意だけで原発を推進、強行でき
たのですが、大津地裁の高浜原発差し止めの決定によって揺るがされました。
 若狭の原発電力の「消費地元」の市民と自治体が今こそ広範に声を上げ、関西
電力にブレーキをかけていただかないと、もろともに「被害地元」の憂き目を見
ることになるのではないでしょうか。

 第四に、わが地震列島が動乱周期に突入しているからです。福井地裁の樋口判
決の警告通り、「万が一」の事故・事態は、遠い未来の仮定ではなく、チェルノ
ブイリやフクシマで起こった既定の事実であり、近未来にも起こり得ることであ
り、「少なくともかような事態を招く具体的危険性が万が一でもあれば、その差
し止めが認められるのは当然である」と重説されていることを想起しましょう。
 15基もの原発集中化を余儀なくされ、憂慮し、苦闘してきた福井県下の17市町
の住民のみなさん、これまでその電力を享受されてきた、あるいは若狭に連帯・
支援を重ねてくださった関西の市民のみなさん、「第二のフクシマ」を繰り返さ
せないために、再稼働反対の声をそれぞれの府県知事に届け、関西電力にプレー
キをかけるよう求めてまいりましょう。最後に、積年の若狭のー仏教者としての
想いもふまえて訴えます。

 「…/あとからくる者のために
山を川を海をきれいにしておくのだ
あああとからくる者のために
みなそれぞれの力を傾けるのだ
あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
未来を受け継ぐ者たちのために
みな夫々自分で出来る何かをしてゆくのだ」
                 (坂村真民『詩集・詩国』より)
 今年5月に、私も遅ればせながら初孫をさずかりました。爺馬鹿(じじばか)と
しても、その初孫とすべての子どもたちに、せめてもの贈りものをしたいのです。
  合掌

※中嶌哲演師は声明にある関電前の3日間だけではなく、それからも
 福井県庁のロビーにて断食を続行されておられます。
 5/19若本(大阪)より

地震・津波議連熊本研修
熊本地震から1年。地震津波議員連盟の幹事の皆さんに段取りをしていただいて、念願の熊本を訪問することができました。
(5月10日~12日)

一日目は、羽田から熊本へ。そして、最大被災地である益城町の町議会へ。
益城町は、熊本市郊外の町で、熊本への通勤圏にあり、人口が増えていた街です。
平成の大合併の誘いもあったそうですが、町を愛する人の勢いが強く、「住民投票」で合併しないことを選択したそうです。
訪問したのは、ご覧のとおりの仮設庁舎です。
1益城町仮庁舎
益城町仮設私も

脇の階段を上がって議会棟。もちろん仮設です。
益城町本会議場(仮)
本来の議会棟はこんな惨状です。もしも議会開会中であったら、と思うとぞっとします。
益城町議会崩壊

視察や訪問の対応もひっきりなしだと思いますが、それでも応じていただきました。
熊本は、台風被害や暴風雨対策は従来から万全に行ってきましたが、地震対応はほとんどしてこなかったそうです。
そのため、現場は、大混乱。(当然だと思います。)

14日の前震(その時はこれが前触れだとは思いもしない)、そして、16日深夜の本震。
もしも、本震が日中だったら、もっともっと人的被害は甚大だったろうと思われます。

停電、・・・情報遮断(電話回線は1本しかつながっていなかったそうです)、絶え間ない余震。
直接亡くなられた人は20名。震災関連死は17名。その他重軽傷者156名。
家屋の損壊は、全壊が2773棟、半壊3044棟、一部損壊4391棟の合計10208棟。
全く問題なかったのは、157棟だけ。

延避難者数は36万8876人。(最大避難者数は4月17日の1万6050人)
この中には、地区公民館、空き地、車中泊の人たちは含まれていません。

そして特に被害が集中したのが、町役場周辺。庁舎は、倒壊。

・・・体験がないため、職員は、避難所運営に、2ヶ月間、追われたそうです。
(職員自身も被災者であるにもかかわらず、苛立つ住民の怒りの矛先は、職員に向かい、
そのためさらに職員の中には、ストレスが極限に達し、心身に不調をきたした人が多かったそうです。)

詳細な経過説明、震災対応のご苦労、課題などお聞きしたあと、現場に向かいました。
写真は、庁舎の継ぎ目部分。ここが最も弱い。地盤がどこも波打ってデコボコ。
今後、どこに本格的な新庁舎を建てていいのか、途方にくれます。
益城町庁舎倒壊

益城町総合文化会館も使用不可。
地盤沈下の凄まじさ。沈下は最大1.5メートル。
益城町総合文化会館地盤沈下

その後、6月から、ようやく1265戸の仮設住宅が整備され、入居開始。
倒壊家屋は、公費で解体撤去をしています。
その罹災証明がまた一苦労。県内外から多くの自治体職員が応援に駆けつけてくれたそうです。
約3000棟の解体撤去を見込み、平成30年3月までに終了予定。

今は、復興計画を作成し、順次取り組みを開始しています。

翌日は、熊本市役所へ。
熊本市役所エントランス
熊本のシンボル、熊本城の石垣が倒壊している様は何度もテレビで見ましたが、その時の状況、その後の修復計画など伺いました。
熊本城本丸倒壊前と後
こちらは後で、現地へ行った時の写真
熊本城崩落前にて
今後、20年間で、石垣の復旧などを実施する計画となっています。

公費が当てられない部分については、
熊本城災害復旧支援金を募集して対応を図ることにしています。マスコミで大きく報道してもらったおかげで、
一口1万円の寄付がすでに6万人を超えたそうです。
ちなみに振込先の口座は、HPで見ることができますのでご覧下さい。

Yahoo!基金
http//donation.yahoo.co.jp/detail/5064001 
熊本城は、お天気もよく、観光ブランティアのガイドさんが、暖かく丁寧に説明してくださいました。

午後は、熊本県庁でお話を伺いました。
ここで説明してくださった熊本県危機管理防災企画監 有浦隆さん のお話が、抜群でした!
IMG_4587[1]
右はじの人です。
熊本地震~職員教育と教訓~
ご本人が、何度も「本来は、90分でお話することを30分でお話します」とおっしゃいましたが、
本当に30分では、語りきれないお話がどっさり!
学ぶべきことも、どっさり!

詳細は、また,稿を改めて書きます。(出かける時間です)


アートミックス見聞録
4月26日、いちはら市民ネット企画の26人乗りのバスで、アートミックス見学会を行いました。
アートミックスチラシ

コースは、
事務所から参加者をピックアップしながら→光風台→牛久→湖畔美術館→旧里見小学校(昼食)
→月崎駅(森のラジオ)→クオードの森→アートハウスあそうばらの谷→事務所  です。

言いたいことはたくさんあるけど、まずは、写真で紹介。

湖畔美術館のかこさとし展は、パスポート(前売り1500円)で入れます。
おなじみのだるまちゃんや天狗ちゃん、小湊鉄道の絵本からの原画が、心地よいです。

しかし特別展示館は、追加で500円払って入ります。
(写真は撮り忘れました)
カールステン・ニコライという人のパララックスという展示。
・・・よくわかりませんでした。

先日、映画館で、ポップなアニメ「命短し歩けよ乙女」を見てきて、かなり満足した後だったので、
今回の芸術作品は、高尚すぎて?」肌があわなかった、と言うのが正直な感想です。

世界に冠たる日本の映像美術(アニメ、ショートムービー、屋内外のパフォーマンス)があり、若手もうんざりするほど誕生しているのに、なぜそうした人材を活用しないの?・・・と、思ってしまいました。

次は、旧里見小学校。
里見100人教頭学校キョンキョンのパンフレットが面白いです。
里見アートミックス
よく手入れされたお花いっぱいのガーデンがお出迎えです。

おや?モグラさんがいます。作家さんらしいです。小屋の前で説明してくださいます。
もぐらの家アート

校内の展示の一つ。土のレストラン。
「土のソムリエ」。
ワイングラスに各地の土が入っています。(素敵なしつらえ)
土の香りをかぎ分けます。
ソムリエ土の

昼食でカレーとコーヒーをいただき、次へ。
(カレーの具材にこんにゃくが入っているということだけど、よくわからないかったなあ。)

月崎駅へ。
偶然小湊鉄道と遭遇。ラッキー!
小湊鉄道アート
前回のアートミックスの時からのお気に入りの場所。「森のラジオ」
全景森のラジオ
作家さんの木村さんが室内にいらっしゃって、ご説明をいただきました。
森のラジオ木村さん
室内のラジオからは、森の音がライブで聞こえるイヤホンが設置されています。

クオードの森(市民の森)へ。
なぜ、クオード?・・・ネーミングライツで名前がついたのだそうです。
地層が美しい森です。こいのぼりもはためいています。クオードの森

食い意地のはった私としては、さっそく焼き芋を買いました。
うまい!

これは、その手前に置かれた鉄の作品?
何をイメージしたものか、よくわかりませんが・・・たぶん、これからも変化し続ける作品なのだそうです。
鉄の作品

チェインソーアートの栗田さんの作品の前で。
チェーンソーアート栗田さん作品
栗田さんとも久しぶりでお会いしました。
(すごい作品を作る方とは思えないほど、いつもニコニコしている栗田さんです)

最後は、アートハウスあそうばらの谷の展示見学。
アートハウスあそうばら
(やっぱりよくわからなかった・・・・)
ここでも、もう一度、カレーを夫と半分こして食べました。(おいしかった!)

タケノコを買って、お餅を買って、一路、事務所へ。
帰路のバスの中で、見学会を通じていろんな意見が出ました。
参加者の皆さま、ありがとうございました。

いちはら未来学校(すでに行ってきました。蝶の展示がすごい!)と、月出工房(色々なひとがお勧めだよ、と話してくださっています)が、今回はいけなかったけど、お出かけください。

夜は、さっそくタケノコを茹でて、たけのこご飯とタケノコの煮物!おいしくできて満足!
結局、食い気が最優先する私でした。




地域医療構想と地域包括ケア講演会
椎葉茂樹さん(厚労省大臣官房審議官、医政、精神保健医療、災害産業対策、医薬品等産業振興担当)の講演会が、
YOUホールで行われました。

タイトルは、地域医療構想と地域包括ケア(の個人的見解)

会場は、医療従事者、介護関係の方々、行政、その他関心成る方々で、ほぼいっぱいです。

本題に入って、まず、国の医療政策は、どの部局で、どんなことを審議しているのかの説明がありました。

医政局・・・・医療提供体制、つまりそんな施設(病院等)をどこまでつくるか、どんな人材の確保・強化が必要か、などを審議

保険局・・・医療保険制度の検討、診療報酬の再考などを審議

その他に
老健局・・・介護保険・介護サービスの検討(今や10兆円規模野)

健康局・・・疾病予防対策を検討(ここもよくニュースにもなるところ)

医療生活衛生局・・・医薬品・医療機器に関する審議(ここがどんどん肥大することが怖い)

障害福祉保健局・・・障害福祉医療サービス

政策統括官・・・・医療ICT(情報)の整備・促進を検討する(今どきの電子カルテは常識、介護分野でももっと必要)

労働基準局・・・・医療従事者の働き方。国も「働き方改革」を推進し、医療従事者の長時間労働を抑制しようとしている。
          (問診に当たって、職業を聞くことも必要なご時世となっている。)

縦割りで互いの縄張りを侵さないことを優先するのでなく、「生まれて、生きて、死ぬ」人の暮らしを全うする事をめざしてほしい、当たり前ですが・・・。

地域医療構想が策定され、国では、平成30年までに
診療報酬・介護報酬の同時改定、
「医療計画、介護保険事業計画」の再構築、
同時期に、国保の財政運営の都道府県化  をめざす。

病院型から在宅医療(最期まで家で、あるいは施設で)へ大きく舵を切る。

その場合、結局、病院、地域診療所、介護施設、医療従事者への診療報酬(あるいは介護報酬)見直しが、大きなカギを握ることになる。

厚労省は、消費税は、医療・介護に当てると言い続けてきたが、
その内訳が気になる。
高度医療にかかる経費、難病対策の高い薬剤費、防疫体制の強化という名前の薬剤のばらまき…等々に、せっかくの消費税増税分が、ダダ漏れ状態になってはかなわない。
(この分野の方が、華々しく、業界圧力も高そうだ)

在宅診療の大きな一翼となるのは、「特定行為を行う看護師の養成」です。
じれったいほど、遅々として進んでいないような気がするのだが、
それは、国の本気度を、地方自治体や、医療関係者が疑って、様子見をしているからではないかと思う。

(療養型病床群の推進を国が掲げて、その案に乗った病院が、結局苦労している事例もある)

なにより患者の立場に立って、医療改革を進めてほしい、と痛感する。

椎葉先生、お役人の殻を破ろうとする(破っている?)わかりやすい説明、ありがとうございました。
改めて、国の動向を学びなおすことが出来ました。

最後の質疑の時間で、姉崎の五味先生から、現場の在宅医療を担う立場から、国の医療政策、診療報酬改定に当たっての痛切な実感のこもったいくつかの質問、要望があり、思わず深くうなずきました。

今後、県の役割、取り組みの進捗状況、などヒヤリングします。




国際医療福祉大学内覧会
昨日、雨で、稲門会のお花見が順延となりました。

本当は今日のお花見に行きたかったけど、
今日は、以前から決まっていた「国際医療福祉大学成田キャンパス」の内覧会があるということで、でかけました。
(青少年相談員の総会もあったのだけど、それも残念ながら欠席しました。すみません)

京成本線公津の杜駅を下車するとすぐ目の前です。
国際医療福祉大学見学

国際的に活躍できる医療福祉の人材を育てる目的で、これまでにすでに成田看護学部、成田保健医療学部が、昨年から学生が集まってスタートしていました。
そして今年4月からは医学部がスタートするのです。
国家戦略特区に認定された同大学では、第一期生として140人が入学します。
このうち20人はベトナムをはじめとするアジア各国からの留学生です。

この写真は3階の国際交流センター。
手前のテーブル席は、団欒スペース、奥は留学生が個人的な相談を行ったりするスペースです
国際交流センター

しかし、ここにはすでに成田日赤病院もあり、地域病院もあります。
「地域医療にも貢献する」と謳っていますが、今後どうなるか、
決して楽観的になってばかりはいられないのではないかと思います。

ここは5階の、学生のためのマルチメデア実習室
骨格標本と並んで
骨格標本と並んで、一枚写真です。(骨と並ぶと、さらに肉付きがよく見える私です)

こちらは1階の解剖学実習室です。(空気がひんやりしています)
解剖室私
やはり、骨格標本と並んで写真です。解剖学実習は2年次3学期から始まるそうです。

お昼過ぎには早々に帰りましたが、市原に着いた頃には、花見は終わっていました。残念。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ