2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラスト2枚
共謀罪でイラストを描くことになっていて、
一枚苦労して描いた。
共謀罪2
そして、やれやれと思ったら、もう一枚思いついてしまった。
おまけの一枚です。
こっちの方が面白いかな?
忖度そば
というわけで、いくらなんでも、もう寝ます。

今日も色々ありました・・・。おやすみなさい。
スポンサーサイト
不都合な真実、窮鼠猫を噛む
「共謀罪」崩れる政府根拠!
という見出しの記事が、東京新聞のトップにありました。
崩れる、というか、「ますます」崩れる、としたいところですが、タイトルは、文字数が制限されているので、仕方ないところです。

同新聞によると、国連の立法指針執筆ニコス・パッサス氏が
「国際組織犯罪防止条約(TOC条約)は、テロ防止を目的としたものではない」
「新法導入の正当化に利用してはならない」と言明しています。

外圧に弱い日本だから、こうした外国の要人に問題を指摘されると怯むかと思いきや
最近は、「もっと日本の状況を勉強して欲しい」と高飛車に開き直る安倍総理側の政府関係者が増えています。

またしてもロンドンでテロが起きました。
そんなニュースが入るたび、北朝鮮の脅威が増した、という報道が繰り返されるたび、「だから共謀罪の法制化が必要なのだ」という世論に、ジリジリと移行しそうで(移行させようという力が強力に働いていることを感じて)、怖い。

そうでなくても「空気」を読む傾向がどこの国より強い日本。「忖度」だって、これまでだって、当然のようにまかり通ってきた日本。

安倍政権になって、じわじわと戦前回帰が進んでいるが、「共謀罪」の法制化で、最後の堤防が決壊するような怖さが、ひしひしと肌にしみてくるのです。

6月2日の報道ステーションで、共謀罪についてディヴィッド・ケイ氏、スノーデン氏が、シリアスな警告を発しています。
プライバシーは「保護」の対象なのでなく、自由に考え、発言し、行動するための「権利」として重要なのだという発言に共感します。インターネットでご覧下さい。

デイビッド・ケイ氏スノーデン氏の日本監視社会への警告 20170602houdoustation
以下のリンクからも視聴可能です。
http://www.dailymotion.com/video/x5o


話はガラリと変わりますが、写真は、昨日、辰巳台中央公園で行われたラベンダーマルシェです。
ベリーダンス
IMG_4770[1]
ひとつのお店の店頭
IMG_4771[1]
アジアンテイストのお店や、こどもたちのベリーダンス、リサイクルショップなど多彩なブースがいっぱい!
地域を盛り上げて行きたいという市民が手作りで開催しているイベントです。
こんな平和な光景が、これからのまちづくりのベースであるはずです。
間違っても、相互監視社会にしてはならない、ということを思いながら、久しぶりの友人、知人と語らいの時を持ちました。
いちはら未来トーク&防災キャンプ
6月3日、いちはら未来トークのイベント(市原市の次期総合計画完成記念)が、YOUホールで開かれました。

来賓挨拶の引き続き、総合計画の完成報告をPPを用いて、小出市長自らが行いました。
その時、パワポで参照したのが、以下の冊子。
総合計画冊子
トークセッションのゲストでもある高橋洋介さんのデザインによるものです。
「10年後を生きる君たちへ」と副題のある、とてもおしゃれな冊子です。

できるだけシンプルに、と言う方針だと思いますが、総論的な方針であり、具体的な政策に踏み込んだものではありません。

その後、市長を交えてのトークセッション。
IMG_4726[1]

ゲストは
左から千葉公慈さん(ぶっちゃけ寺でお馴染みのマルチパワフルなお坊さんです。市原市の観光大使も引き受けてくださっています)
縄文時代からの遺産がたくさん残っている市原は、きっとその時代から住みやすい地域だったということ。市原の良さをもっと知ってほしい、市民にも、市外の人にも。総合計画は「仏つくって魂入れず」にならないよう、これからが勝負。

その隣が、秦由加子さん(リオのパラリンピックでトライアスロン6位!)
IMG_4732[1]

水泳大好きな中学生だった13歳に骨肉腫という重大な病によって足を切断した。その後、パラリンピックで活躍する人たちを目にし、ロンドンオリンピックではでは大好きな水泳で挑んだが、選考に外れた。
リオを目指して、トライアスロンに転向。陸上競技などでは、もはや義足を隠すこともできない。今はこの義足のまま、買い物も行っている。もちろん次の東京五輪では、メダルを目指したい。
(写真は、1階展示スペースにあった冊子から)
IMG_4742[1]

そのお隣は、国岡妙子さん。里見で、Mai Cafeを経営しています。
八千代市のマンション住まいから市原に引っ越してきました。八千代では小学校に上がるふたりの子を抱え、シングルマザーとして頑張っていました。マンション住まいに違和感を持ち、自然豊かな市原へ。
当初は「ウミホタル」で勤めていたそうです。そこで知り合った現在の旦那さんと里美でカフェを開くことに。

半径5キロ圏内で食材が手に入ります。ご近所の方が、旬の野菜を持ってきてくださいます。そんな暖かなつながりのある市原をもっと知ってもらいたい。お子さんは現在5人。食べ盛りのお子さんを育てながらのお店です。
お店自体は小さいけれど「里山まるごと借景」で仕事をしていますとの最後の言葉に嬉しくなります。
こんど、行ってみたいです。

そして、最後は冊子のデザインを担当された高橋洋介さん。控えめで誠実な人柄が伝わってきます。
市原には、地域を愛し、地域をよくしていこうとする人がたくさんいらっしゃることに驚いています、とのこと。
それは私も同感です。市原の財産は、まさしく「人」であると思います。

最後に千葉さんからの一言。
写楽だって、外国人が評価してはじめて日本人がその良さを再発見した。
場所は、外からの眼(外部からの評価)と、内からの眼(自らの良さに気づいて誇りをもつ)ことによって成長する。
10年後の市原が、どうなって欲しいかを考えるなら、まず、市原の良さ(価値)をもっともっと知ってほしい、それが初めに話した「作った仏に魂をいれる」ことです、と結ばれました。(さすが!)

1階では、子育てネウボラの展示。いきなりの赤ちゃんにびっくり。(実は人形)
IMG_4719[1]
ネウボラのチラシです。
いちはらネウボラ
赤ちゃん人形を抱っこさせてもらいました。ババが孫をだく気分で気持ちいい!
IMG_4721[1]

そして、外で、冷たい焼き芋(めちゃ、うまい!)と、杉山ジャム工房の絶品プリンを食べました。(リッチな気分!)
小沢さんと森山さんは、杉山さんの手作りシロップかき氷を食べています。
(ちょっと一口ずつ食べさせてもらいました。おいしい!・・・いやしい私です。)
東京のイベントなら、きっと行列ができるだろうな、といつも思います。

さて、移動して、鶴舞青年の家へ。
そこで、NPO法人「ゆかいな仲間たち」主催の防災キャンプが、3~4日にかけて行われるからです。
体育館に入るといきなり目に入る大きなテント。
IMG_4758[1]

午前中から始まっているキャンプの午後の学習では、いざとなった時のサバイバルグッズづくり。
これはマイ箸づくり。
ナイフを使って、慎重に、熱心に、サンドペーパーで磨きも入れます。
IMG_4748[1]
IMG_4749[1]

カレーを盛る器づくり、新聞でつくり、それにビニールをかけます。バッチリ器の代用になります。
IMG_4753[1]

レジ袋で応急三角巾をつくる
IMG_4751[1]

一枚の大きなブルーシートでテントがつくれます。
IMG_4754[1]
ここで、いざという時には、赤ちゃんの授乳や、着替えができそうです。

夜は、この体育館に12張りのテントを設営し、子供たちは宿泊体験。カレーも作ります。
そして、翌4日も、様々な体験や、バリアフリー体験もします。
ボランティアで、指導してくださっているみなさま、夜のお泊りも含めて、ほんとにありがとうございます。

子供たちが楽しんで、飽きずにできるような工夫がたくさんあって、頭が下がります。

鶴舞青年の家で行うだけでなく、
廃校となった学校の体育館や教室でもやってもらえたらな、と思います。

今、突然、強い地震!(震度3) 9;59
   地震はは突然来るから、ほんとに怖い・・・。
防災訓練は、必須です。


5月29日、自治体議員立憲ネットワーク・千葉県が

「共謀罪」と「憲法9条明文改憲」に抗議する記者会見を県庁県政記者室で行いました。
記者会見
共謀の「謀」が「某」になっていますが、ごめんなさい!

自治体議員立憲ネット・千葉県には、現在57人の地方議員が参加しております。(随時受付)
市民ネットの全代理人も加入しております。

今、風雲急を告げる国会の状況です。
凶暴な共謀罪には、絶対反対!

某○○学会の有志の方々も「反対」の声を上げています。

こんなことで戦前回帰が現実のものになってしまうのは、
本当に、未来の世代に申し訳ない、と痛感しています。

戦場に行った経験のある父に、まだ中学生だった私は、
「なんで戦争に反対しなかったの?」と問うたことがありますが、
あの時代背景を考えると、又戦地で過酷な状況を生き延びた体験をした父に対して
、ほんとに酷い質問をした娘だったと思います。

しかし、今はまだ声上げられる時代です。
「なんでおばあちゃんは共謀罪に反対しなかったの?」と言われないように、しっかり声を上げたいものです。
後からくる者のために
「たんぽぽ舎」から送信された記事の中から抜粋してくださった記事をさらに転記させていただきます。
高浜原発の再稼働に抗議して、とうとう断食にはいられた中嶌哲演氏の声明文。
ひとりでも多くの方に読んでもらいたいと切望します。

1.「あとからくる者のために」
 |  2017.5.15関西電力本社前で断食声明
 └──── 中嶌哲演 (若狭の一住民・ー仏教者として)

・福島第一原発震災から6年、ますます,過酷・深刻化している「フクシマ」の
被災者たちに心を寄せ、その抜本的で包括的な救済(法的・財政的な整備など)を
願い、また、若狭に「第二のフクシマ」を断じて繰り返させないことを願って、
今朝から断食を始めました。
(1)関西電力は、高浜原発4・3号機の起動を延期し、再稼働を再検討し、断
念すること。
(2)国は、大宝(701)と天正(1586)の大地震・津波に関連して、高浜・大飯原発
の近傍と冠島の海面下を公明正大に調査し、検証すること。
(3)広範な住民・市民のみなさんは、いつでも、どこでも、だれでもできる一
食断食、ー日断食などで、再稼働反対を表明し、その食費を反対運動資金にあて
る共通の口座に振り込んでいただくこと。

 関西電力は、高浜3・4号機、大飯3・4号機の再稼働のために、すでに数千
億円の新安全対策費を投じ、高浜1・2号機、美浜3号機、大飯1・2号機の延
命にもさらなる高コストを迫られています。その巨額の対策費を脱原発のための
準備に転換するならば、離反しかかっている消費者も踏みとどまり、共感し、支
持することでしょう。

 もし理不尽にも(1)が強行突破されても、少なくとも(2)の確約が得られ
ない限り、私は断食を続行する決意です。この私の主張と行為が単なる独断や軽
挙妄動でないことを、過去4度におよぶ断食声明によってもご判断いただければ
幸いです。
 フクシマ以後、今日に至るまで、あらゆる世論調査は再稼働反対が賛成をはる
かに上回っていることにも配慮してください。(3)の持続的な広がりをも確信
し、期待しております。

 (2)について。関西電力は私たち若狭の住民の度重なる要望に耳を傾けませ
んでしたが、国の調査によって、高浜の海岸から500mの内陸部を襲った天正の大
津波の痕跡が発見されました(昨年)。高浜原発はその地点から7kmです。
 また、大宝の大地震によって陥没した大島(東西2.4km、南北6.4km)の山の頂上
が海面上に残ったというのが、冠島の由来です。その海面下に階段状の人工遺跡
がダイバーたちによって発見され、話題のスポットになっているのです。
 冠島から宮津湾内へ13km、海岸から500m、海抜40mの真名井神社に、大宝の大
津波をせき止めたという伝承をもっ古い「波せき地蔵」がまつられています。
 高浜原発4基は冠島から12km、内浦湾の奥懐深く位置しています。関西電力は、
最大6.7mの津波にそなえた8mの防潮堤で足りるとしています。
 地震学者をはじめ歴史学者や考古学者などの本格的な調査が望まれる所以です。
 高浜原発(をはじめすべての原発)の再稼働に私が反対する根本的な理由は、決
して上記に尽きるものではありません。その根本的な理由として、

 第一に、冒頭で表明したように、再稼働よりも、福島第一原発震災の被災者た
ちの全面的な救済、福島第一原発事故の原因究明と後始末こそ最優先すべきだか
らです。

 第二に、1基の大型原発が1年間稼働するだけで広島型原爆1000発分の「死の
灰」を生成、蓄積せざるを得ないからです。国内の原発群はすでに同120万発分に
達していて、再稼働はそれの増加につながり、後世代へ巨大な負担をのこすこと
になります。
 また、原発内の被ばく労働者の累計は、広島・長崎の原爆被爆者65万人に迫ろ
うとしています。膨大な放射性物質が放出・拡散すれば、いかなる惨禍に見舞わ
れるかを、フクシマから十二分に学ばなければなりません。この一事だけでも、
再稼働は許されないはずです。

 第三に、麻薬的な原発マネーにより国内植民地化された「立地(集中)地元」の
過去と現在から目をそらし、もっともらしい個別の安全論議に終始しているから
です。
 関西圏の火力発電所は12か所37基が瀬戸内海側に林立しているにもかかわらず、
関西電力の原発は若狭の3町に11基が集中し、超高圧電線で関西圏に送電されて
きたのです。
 「必要神話」はともあれ、「安全神話」は福島や若狭に1基目の原発が設置さ
れた時、原理的に崩壊していたのであり、2011年3月11日に現実的に完全崩壊し
たのでした。
 そのフクシマ後においても、30km圏内の住民に避難指示が出されるのは、平常
時の10000倍の放射線被ばくを強いられる状況になってから-という大事故の発生
も織り込み済みの再稼働!このように「立地・周辺地元」の棄民政策は貫徹され
ているのです。
 従来の枠組みは、地元立地自治体と立地県の同意だけで原発を推進、強行でき
たのですが、大津地裁の高浜原発差し止めの決定によって揺るがされました。
 若狭の原発電力の「消費地元」の市民と自治体が今こそ広範に声を上げ、関西
電力にブレーキをかけていただかないと、もろともに「被害地元」の憂き目を見
ることになるのではないでしょうか。

 第四に、わが地震列島が動乱周期に突入しているからです。福井地裁の樋口判
決の警告通り、「万が一」の事故・事態は、遠い未来の仮定ではなく、チェルノ
ブイリやフクシマで起こった既定の事実であり、近未来にも起こり得ることであ
り、「少なくともかような事態を招く具体的危険性が万が一でもあれば、その差
し止めが認められるのは当然である」と重説されていることを想起しましょう。
 15基もの原発集中化を余儀なくされ、憂慮し、苦闘してきた福井県下の17市町
の住民のみなさん、これまでその電力を享受されてきた、あるいは若狭に連帯・
支援を重ねてくださった関西の市民のみなさん、「第二のフクシマ」を繰り返さ
せないために、再稼働反対の声をそれぞれの府県知事に届け、関西電力にプレー
キをかけるよう求めてまいりましょう。最後に、積年の若狭のー仏教者としての
想いもふまえて訴えます。

 「…/あとからくる者のために
山を川を海をきれいにしておくのだ
あああとからくる者のために
みなそれぞれの力を傾けるのだ
あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
未来を受け継ぐ者たちのために
みな夫々自分で出来る何かをしてゆくのだ」
                 (坂村真民『詩集・詩国』より)
 今年5月に、私も遅ればせながら初孫をさずかりました。爺馬鹿(じじばか)と
しても、その初孫とすべての子どもたちに、せめてもの贈りものをしたいのです。
  合掌

※中嶌哲演師は声明にある関電前の3日間だけではなく、それからも
 福井県庁のロビーにて断食を続行されておられます。
 5/19若本(大阪)より

プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。