2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全ての個性にぱっぴーを!「アイム」児童デイ
今日は、川崎市高津にある、放課後ディサービス施設「アイム」を訪問しました。
小澤さん、森山さん、ココロサロン・アンの遠藤さん達といっしょです。

実は、自閉症児親の会「ぞうの会」主催の講演会が7月1日に行われ、小沢さん、海野さん、私が、参加させてもらいました。
その時の講師が、株式会社「アイム」の代表、佐藤典雅さんでした。
佐藤さん自身が、グラフィックデザイナーであり、発達障害の息子さんのお父さんです。

療育の先進国といわれるアメリカで学び体験し、悪戦苦闘し
「療育」の常識を疑ってみる、
そもそも「療育」では、自閉症は治らない、
日本に帰ってきて、我が子にふさわしい居場所がない!では作っちゃえ!と言うわけで誕生した児童デイサービス施設です。

などなど・・・目の回るようなお話で、
何だか元気になり・・・・そうだ、そうだ、とうなずき
大興奮、怒涛の講演会でした。
そして、佐藤さんと一緒に来られた指導員の女性たち(半分は保護者)の皆さんの美しいこと!
佐藤さんの児童デイでは、きれいな人しか採用しないのか!
と、抗議したくなるほど、皆さんきれい!

お母さんがきれいであることが、一番の療育!と言い切る佐藤さん。
スタッフの4割が生徒保護者だとのこと。
出社ルールは、「すっぴん禁止、地味な服禁止」
働く人自身に「華」があり、美しいマインドで働けば、おのずと職場が明るくなる、という佐藤さんの自論です。

だから、ほんとに気持ちよく、子供たちもリラックス、伸び伸びしています
(つい楽しようとしてしまう私・・・反省します)


佐藤さんが運営している実際の児童デイサービス「アイム」の放課後ルームの一つ
「エジソン放課後・高津」は、駅近くのコンビニの二階にある通常の和室やリビングを改造したルームです。

「お邪魔します」と入って、
いきなり、ため息!かわいい、明るい、カラフル!センスいい!(^∇^)ノ

うろうろして、「写真撮っていいですか?」
どうぞ、の許可をいただき、みんなでワクワクしながらお話を聞いたり写真を撮ったり。
IMG_4953[1]
押入れが解放され、パステルカラーで塗られて内側からの間接照明がラブリー!
IMG_4952[1]
IMG_4969[1]

恐竜も押入れの住人。
IMG_4966[1]
和室にシャンデリアは、何ともゴージャスです。
IMG_4956[1]
シックな照明も
IMG_4968[1]

森山さんが格闘しているのは、バーチャルでお絵かきが楽しめるパソコン機器。(名前は忘れた)
私も、トライしましたが、おもしろいのなんのって・・・!
IMG_4960[1]

ワイワイ見学しているうちに佐藤さんが駆けつけてくださり、
一緒に食事しながら、根ほり、葉ほり・・・
療育の事、子供との接し方、真に子どものためになる児童デイの在り方・・・
そして、町おこし、地域おこし、新しい就労支援のあり方・・まで話はどんどん広がります。

次に、「ダヴィンチ放課後・武蔵小杉」を訪問。
こちらは、ビルのワンフロア―。
明るい!おしゃれ!カラフル!は、一緒です。
IMG_4975[1]
スポーツクライミングのカラフルなウオール。
森山さんが早速チャレンジ!
IMG_4981[1]
IMG_4987[1]
IMG_4988[1]
殆ど大人がキャーキャー言って喜んでいます。
でも、お母さん自身が、完全に明るく開放されていないのに、
子どもに温かく触れ合えるわけがない、と言うのは、いまさら言うまでもないことなのに、改めて実感しました。

そんな大人達をしり目に、パソコンに熱中する子どもたち。

本来は大人より、こども、そして自閉傾向の強い子にとっては、
パソコンは、我々おばちゃんよりずっと親和性が高いはず・・・。

目から鱗の見たり、聞いたりの体験の連続の一日でした。

川崎市高津は遠かったけど、出かける前より元気になって帰宅しました。
佐藤さんとスタッフの皆さんに感謝!です。
スポンサーサイト
イラスト2枚
共謀罪でイラストを描くことになっていて、
一枚苦労して描いた。
共謀罪2
そして、やれやれと思ったら、もう一枚思いついてしまった。
おまけの一枚です。
こっちの方が面白いかな?
忖度そば
というわけで、いくらなんでも、もう寝ます。

今日も色々ありました・・・。おやすみなさい。
不都合な真実、窮鼠猫を噛む
「共謀罪」崩れる政府根拠!
という見出しの記事が、東京新聞のトップにありました。
崩れる、というか、「ますます」崩れる、としたいところですが、タイトルは、文字数が制限されているので、仕方ないところです。

同新聞によると、国連の立法指針執筆ニコス・パッサス氏が
「国際組織犯罪防止条約(TOC条約)は、テロ防止を目的としたものではない」
「新法導入の正当化に利用してはならない」と言明しています。

外圧に弱い日本だから、こうした外国の要人に問題を指摘されると怯むかと思いきや
最近は、「もっと日本の状況を勉強して欲しい」と高飛車に開き直る安倍総理側の政府関係者が増えています。

またしてもロンドンでテロが起きました。
そんなニュースが入るたび、北朝鮮の脅威が増した、という報道が繰り返されるたび、「だから共謀罪の法制化が必要なのだ」という世論に、ジリジリと移行しそうで(移行させようという力が強力に働いていることを感じて)、怖い。

そうでなくても「空気」を読む傾向がどこの国より強い日本。「忖度」だって、これまでだって、当然のようにまかり通ってきた日本。

安倍政権になって、じわじわと戦前回帰が進んでいるが、「共謀罪」の法制化で、最後の堤防が決壊するような怖さが、ひしひしと肌にしみてくるのです。

6月2日の報道ステーションで、共謀罪についてディヴィッド・ケイ氏、スノーデン氏が、シリアスな警告を発しています。
プライバシーは「保護」の対象なのでなく、自由に考え、発言し、行動するための「権利」として重要なのだという発言に共感します。インターネットでご覧下さい。

デイビッド・ケイ氏スノーデン氏の日本監視社会への警告 20170602houdoustation
以下のリンクからも視聴可能です。
http://www.dailymotion.com/video/x5o


話はガラリと変わりますが、写真は、昨日、辰巳台中央公園で行われたラベンダーマルシェです。
ベリーダンス
IMG_4770[1]
ひとつのお店の店頭
IMG_4771[1]
アジアンテイストのお店や、こどもたちのベリーダンス、リサイクルショップなど多彩なブースがいっぱい!
地域を盛り上げて行きたいという市民が手作りで開催しているイベントです。
こんな平和な光景が、これからのまちづくりのベースであるはずです。
間違っても、相互監視社会にしてはならない、ということを思いながら、久しぶりの友人、知人と語らいの時を持ちました。
いちはら未来トーク&防災キャンプ
6月3日、いちはら未来トークのイベント(市原市の次期総合計画完成記念)が、YOUホールで開かれました。

来賓挨拶の引き続き、総合計画の完成報告をPPを用いて、小出市長自らが行いました。
その時、パワポで参照したのが、以下の冊子。
総合計画冊子
トークセッションのゲストでもある高橋洋介さんのデザインによるものです。
「10年後を生きる君たちへ」と副題のある、とてもおしゃれな冊子です。

できるだけシンプルに、と言う方針だと思いますが、総論的な方針であり、具体的な政策に踏み込んだものではありません。

その後、市長を交えてのトークセッション。
IMG_4726[1]

ゲストは
左から千葉公慈さん(ぶっちゃけ寺でお馴染みのマルチパワフルなお坊さんです。市原市の観光大使も引き受けてくださっています)
縄文時代からの遺産がたくさん残っている市原は、きっとその時代から住みやすい地域だったということ。市原の良さをもっと知ってほしい、市民にも、市外の人にも。総合計画は「仏つくって魂入れず」にならないよう、これからが勝負。

その隣が、秦由加子さん(リオのパラリンピックでトライアスロン6位!)
IMG_4732[1]

水泳大好きな中学生だった13歳に骨肉腫という重大な病によって足を切断した。その後、パラリンピックで活躍する人たちを目にし、ロンドンオリンピックではでは大好きな水泳で挑んだが、選考に外れた。
リオを目指して、トライアスロンに転向。陸上競技などでは、もはや義足を隠すこともできない。今はこの義足のまま、買い物も行っている。もちろん次の東京五輪では、メダルを目指したい。
(写真は、1階展示スペースにあった冊子から)
IMG_4742[1]

そのお隣は、国岡妙子さん。里見で、Mai Cafeを経営しています。
八千代市のマンション住まいから市原に引っ越してきました。八千代では小学校に上がるふたりの子を抱え、シングルマザーとして頑張っていました。マンション住まいに違和感を持ち、自然豊かな市原へ。
当初は「ウミホタル」で勤めていたそうです。そこで知り合った現在の旦那さんと里美でカフェを開くことに。

半径5キロ圏内で食材が手に入ります。ご近所の方が、旬の野菜を持ってきてくださいます。そんな暖かなつながりのある市原をもっと知ってもらいたい。お子さんは現在5人。食べ盛りのお子さんを育てながらのお店です。
お店自体は小さいけれど「里山まるごと借景」で仕事をしていますとの最後の言葉に嬉しくなります。
こんど、行ってみたいです。

そして、最後は冊子のデザインを担当された高橋洋介さん。控えめで誠実な人柄が伝わってきます。
市原には、地域を愛し、地域をよくしていこうとする人がたくさんいらっしゃることに驚いています、とのこと。
それは私も同感です。市原の財産は、まさしく「人」であると思います。

最後に千葉さんからの一言。
写楽だって、外国人が評価してはじめて日本人がその良さを再発見した。
場所は、外からの眼(外部からの評価)と、内からの眼(自らの良さに気づいて誇りをもつ)ことによって成長する。
10年後の市原が、どうなって欲しいかを考えるなら、まず、市原の良さ(価値)をもっともっと知ってほしい、それが初めに話した「作った仏に魂をいれる」ことです、と結ばれました。(さすが!)

1階では、子育てネウボラの展示。いきなりの赤ちゃんにびっくり。(実は人形)
IMG_4719[1]
ネウボラのチラシです。
いちはらネウボラ
赤ちゃん人形を抱っこさせてもらいました。ババが孫をだく気分で気持ちいい!
IMG_4721[1]

そして、外で、冷たい焼き芋(めちゃ、うまい!)と、杉山ジャム工房の絶品プリンを食べました。(リッチな気分!)
小沢さんと森山さんは、杉山さんの手作りシロップかき氷を食べています。
(ちょっと一口ずつ食べさせてもらいました。おいしい!・・・いやしい私です。)
東京のイベントなら、きっと行列ができるだろうな、といつも思います。

さて、移動して、鶴舞青年の家へ。
そこで、NPO法人「ゆかいな仲間たち」主催の防災キャンプが、3~4日にかけて行われるからです。
体育館に入るといきなり目に入る大きなテント。
IMG_4758[1]

午前中から始まっているキャンプの午後の学習では、いざとなった時のサバイバルグッズづくり。
これはマイ箸づくり。
ナイフを使って、慎重に、熱心に、サンドペーパーで磨きも入れます。
IMG_4748[1]
IMG_4749[1]

カレーを盛る器づくり、新聞でつくり、それにビニールをかけます。バッチリ器の代用になります。
IMG_4753[1]

レジ袋で応急三角巾をつくる
IMG_4751[1]

一枚の大きなブルーシートでテントがつくれます。
IMG_4754[1]
ここで、いざという時には、赤ちゃんの授乳や、着替えができそうです。

夜は、この体育館に12張りのテントを設営し、子供たちは宿泊体験。カレーも作ります。
そして、翌4日も、様々な体験や、バリアフリー体験もします。
ボランティアで、指導してくださっているみなさま、夜のお泊りも含めて、ほんとにありがとうございます。

子供たちが楽しんで、飽きずにできるような工夫がたくさんあって、頭が下がります。

鶴舞青年の家で行うだけでなく、
廃校となった学校の体育館や教室でもやってもらえたらな、と思います。

今、突然、強い地震!(震度3) 9;59
   地震はは突然来るから、ほんとに怖い・・・。
防災訓練は、必須です。


5月29日、自治体議員立憲ネットワーク・千葉県が

「共謀罪」と「憲法9条明文改憲」に抗議する記者会見を県庁県政記者室で行いました。
記者会見
共謀の「謀」が「某」になっていますが、ごめんなさい!

自治体議員立憲ネット・千葉県には、現在57人の地方議員が参加しております。(随時受付)
市民ネットの全代理人も加入しております。

今、風雲急を告げる国会の状況です。
凶暴な共謀罪には、絶対反対!

某○○学会の有志の方々も「反対」の声を上げています。

こんなことで戦前回帰が現実のものになってしまうのは、
本当に、未来の世代に申し訳ない、と痛感しています。

戦場に行った経験のある父に、まだ中学生だった私は、
「なんで戦争に反対しなかったの?」と問うたことがありますが、
あの時代背景を考えると、又戦地で過酷な状況を生き延びた体験をした父に対して
、ほんとに酷い質問をした娘だったと思います。

しかし、今はまだ声上げられる時代です。
「なんでおばあちゃんは共謀罪に反対しなかったの?」と言われないように、しっかり声を上げたいものです。
プロフィール

ichiharatomoko

Author:ichiharatomoko
     
1948年石川県生まれ
早稲田大学卒業
市原市議2期を経て千葉県議(2期目)
市民ネットワーク千葉県共同代表

子ども3人は独立し夫と2人暮らし、ネコ1匹
趣味は絵を描くこと、俳句、散歩、読書

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。